農業女子PJ SDGsへの
取り組み

MENU

2018.12.25

【新規参画企業のご紹介】株式会社精工

by農業女子プロジェクト事務局

201811月、農業女子PJに(株)精工が参画しました。

【会社紹介】

(株)精工は、農産物向けの包装資材を主としたフィルムの包装資材メーカーです。産地やスーパーマーケットで野菜を入れる袋やいちごやぶどうなどの果物にかけているカバーフィルム等の包装資材を国内6工場で製造しています。パッケージデザインや販売方法のご提案、鮮度保持のご相談から包装設計までトータルでご提案させて頂きます。また、「鮮度保持研究室」という研究室を設置しており、日々どういった包装資材が良いのかテストを行い皆様のご要望にお応えできるよう日々活動しております。

%e7%b2%be%e5%b7%a5_%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a1%e7%b2%be%e5%b7%a5_%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a3

▼(株)精工 公式HP

https://seikou-web.com/

▼(株)精工 公式FBページ

https://www.facebook.com/seikou.company

 

【参画のきっかけ】

60年以上にわたり農産物の包装資材を製造してきましたが、このたび、女性目線で消費者が欲しい商品、消費者に伝えたいこと等を一緒に考え販売力の向上及びブランディングのお手伝いができないかと考えたことがきっかけです。

%e7%b2%be%e5%b7%a5_%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a0%e7%b2%be%e5%b7%a5_%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a2

【取組内容】

1)「包んで守る」という包装の基本的役割にとどまらず、生産者の伝えたい情報を届ける、消費者の方が欲しい情報を伝えるといったパッケージをコミュニケーションツールにして、双方の懸け橋になるようなことを、皆様と一緒に開発したいと考えています。お店で商品を選ぶタイミングではPOPなどで味の特徴や生産者の方に関する情報に触れることも多いですが、購入していざ自宅で食べる瞬間、調理する瞬間に同様の情報をパッケージで伝えられていることはほとんど無いと思います。美味しかったから、次回も買いたいという指名買いにも繋げていきたいです。

2)弊社つくば工場の「鮮度保持研究室」では、収穫後の青果物鮮度保持を研究しています。日々、一番近くで青果物に触れていらっしゃるプロジェクトメンバーの皆様のお知恵をお借りして、これまでにない鮮度保持パッケージをつくれればと考えています。こちらは長期的な取り組みになるかと思いますが、新しい挑戦に夢を膨らませています!

3)皆様ご自身がマルシェコーナーなどで直接販売される時に必要な販売台やポスターなどの手配をお手伝いする「マルシェキット」を検討したいと考えています。プロジェクトメンバーの皆様のお知恵をお借りしたマルシェキットを、販売台・チラシ・のぼりなどマルシェコーナーで必要なものがまとめて手配していただけるような「ワンストップサービス」を目指したいです。

【伝えたいこと】

農産物のパッケージを通し、また女性ならではの視点をもって皆様の売場作りやブランド化を少しでもサポートできたらと思います。これから、どうぞよろしくお願いいたします。

%e7%b2%be%e5%b7%a5_%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a4

 

9

関連する記事

最新の記事

おすすめ記事RECOMMEND

アーカイブARCHIVE