農業女子PJ

MENU
佐伯 佳代子

佐伯 佳代子さえき かよこ

  • ファーム雫
  • 北海道岩見沢市
  • ミニトマト、オクラ、ズッキーニ、茄子、唐辛子、ニンニク

何事もやってみよう! (やってみる前に諦めない)

農業との
これまで

サラリーマンとして働いていた夫と知り合い、結婚に向けて話が進む中、夫の就農希望(トマト栽培)を耳にしました。私自身が水稲農家の娘であり、転作により苺、メロンなど様々な施設栽培の手伝いをした経験から、農業は体力的に大変で、休みが無い職種であるという話を当初はしていました。ですが、夫の就農への意思は固く、自分の経験を夫へのサポートの力に変えようと考え、結婚後北海道へ移住し、市の新規就農サポート事業を経てミニトマトを主に、2014年就農へ至りました。

農業との
これから

40代中盤からの就農であり、親世代の介護が始まるまでに経営を安定させ、かつ、パートさんの力を借りて農作業を回せるようになる事が当面の目標。
販売はJA中心から転換していき、将来は味や信頼に裏打ちされた農場名での取引が出来るようにしていきたい。

おすすめ記事RECOMMEND

アーカイブARCHIVE