農業女子PJ SDGsへの
取り組み

MENU

2019.10.18

【農業女子メンバーのSDGs 第2回 SDGsを身近なものに。「健康的な食生活の実現に取り組む」】

by農業女子プロジェクト事務局

国連で掲げられたSDGs(エスディージーズ)。
SDGsは、Sustainable Development Goals のことで、日本語では、「持続可能な開発目標」と訳されています。
農業女子PJは、本コンテンツにて農業女子PJメンバーが取り組むSDGsを発信しています。
農業女子PJメンバーやステークホルダーの皆様に農業女子の取組やSDGsページをご覧いただくことで、
SDGsを少しでも身近に感じ、自分事として考えるきっかけになればと思います。

今回は、福岡県のくわの由美さんのSDGsの取組を紹介します!
くわのさんの活動は、農業女子PJが掲げた農業者のわたしたちにできる5つのことの「その1 健康的な食生活の実現に取り組む」に繋がっています。

Q1:くわのさんのSDGsテーマを教えてください。

『施設の子供たちへの食料調達支援』です。
SDGsゴールの1番「貧困をなくそう」、2番「飢餓をゼロに」、3番「すべての人に健康と福祉を」、17番「パートナーシップで目標を達成しよう」を意識しています。
*農業女子PJのすべての活動は、5番「ジェンダー平等を実現しよう」に繋がっています。

%e5%9b%b34

Q2:設定テーマの目的・課題を教えてください。

日本各地にまともに食事を摂れない子どもたちがいます。子どもにお腹いっぱいになるまで食べて、いつも笑顔を見せてほしいと思い、この活動を始めました。

Q3:Q1のテーマについて実際にどのようなことを行いましたか?また、どのような人と連携しましたか?

広島のゲストハウス「がみがみ」さんと連携し、広島NPO法人「食べて語ろう会」の活動を支援しています。
具体的には、毎月、同ハウスにお米を送ったり、季節毎の野菜、イチゴなどを送っています。

%e3%81%b0%e3%81%a3%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93%e5%9f%ba%e7%94%ba

Q4:目的の達成に向けて、苦労したことを教えてください。

送料の値上がりです。今後も送り続けられるか検討しておりますが、もうしばらくは送り続けることに決定しました。

Q5:持続可能な社会の実現のために、もっと挑戦してみたいことがあれば教えてください。

最近、アスリートを食で支援することを始めました。もっと食について改めて勉強したいです。

Q6:最後に一言お願いします!

これからもみんなのお腹を満たし、笑顔になってもらえるように、美味しい農作物を育てていきます。

sdgs%e7%a0%94%e4%bf%ae
くわのさんは自身のくわの農園でも、研修生にSDGsのレクチャーを社員教育の一環として行っています。
今後も引き続き応援しております。ありがとうございました。

20

関連する記事

最新の記事