農業女子PJ

MENU

2018.04.20

山形県の結城こずえさんが国連でのスピーチを東北農政局長に報告しました!

by東北農政局

平成30年4月16日(月)、農業女子プロジェクトメンバーで山形県天童市の結城こずえさんが、3月12~23日にニューヨークの国連本部で開催された「第62回国連女性の地位委員会」に出席しプレゼンテーションを行った様子について、東北農政局長にご報告にいらっしゃいました。

 

今回開催されたこの委員会では、6年ぶりに”農山漁村女性”がテーマとして取り上げられ、結城さんは、3月13日、日本の3NGO組織と国連代表部主催のサイドイベント「農山漁村地域の女性と少女のエンパワーメントに向けての活動」において、日本の女性農業者を代表しプレゼンテーションを行いました。

 

サイドイベントでは、発展途上国で稲作の生産指導に携わっている女性や、女性問題を解決している女性などがプレゼンテーションを行うなか、結城さんは日本の農村の現状を伝えるとともに、 “ネットワーキング” をテーマに、農業女子プロジェクトを通じて知り合った女性農業者のネットワークが加工や販路開拓など自身の経営の発展に繋がったこと、これからは次世代のリーダー育成のための環境づくりにも取り組んでいきたいことなどを発信しました。

https://nougyoujoshi.maff.go.jp/uncategorized/10878/

農村部では、女性農業者が未だに孤立しており、前に出てこられないような雰囲気もあるが、女性ならではの発信を続け、経営の利益もあげたいとお話されました。また今後、山形県内で女性農業者のネットワークをつくり活動の幅も広げていきたいと語っていただきました。

%e7%b5%90%e5%9f%8e%e3%81%95%e3%82%93

 

局長からは、素晴らしいこの経験を活かし、仲間を増やし、地域でみんなを引っぱっていただきたいと結城さんを激励されました。

0416%e7%b5%90%e5%9f%8e%e3%81%95%e3%82%93-018

結城さん、大変ありがとうございました。

3

関連する記事

最新の記事