農業女子PJ

MENU

2017.04.10

参画企業の部屋 第1回

by農業女子プロジェクト事務局

本日からスタートする新コーナー『参画企業の部屋』は、PJ参画企業の担当者の方から参画した背景や農業女子メンバーと取り組んで感じたことなどをお伺いします。
第1回目は、農業女子メンバーの意見をもとに、農作業時も快適な着心地のインナーウエアを開発した(株)ワコール 総合企画室の鈴木さん、中野さんへのインタビューです。

★PJに参画した理由は?
ワコールは創業以来「世の女性に美しくなってもらう」ことを事業の目標としています。
これまでは、日常生活、オフィス、スポーツ等を切り口とした商品を開発していましたが、女性の働き方の多様化に伴い、からだを使って仕事をする女性のための商品開発が必要と社内で検討が始まり、「労働」における女性の身体の動きを研究し、多様な女性の就労ニーズに対応する商品開発に取り組んでいます。その第一歩として、農業女子のための下着を開発するために参画しました。

★現在の取り組みを教えてください
2015年10月に農業女子プロジェクトに参画。農業女子メンバーへのアンケート、開発担当者とのミーティング、試作品のフィッティング等を経て、2017年春から4種類の開発商品を順次販売しています。現在は、これらの商品をより多くの女性農業者、そして、更なる快適性を求める一般女性に届けようと取り組んでいます。
順次、店頭展開されて参りますので、ぜひ手に取って、試着していただきたいです。
特設ウェブサイトもオープンし、4月中旬からは特設サイトで、農業女子を応援するイベントを行う予定です。是非ご覧下さい!
http://www.wacoal.jp/nougyoujoshi/

%e3%83%af%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%ab%e5%95%86%e5%93%81%e5%86%99%e7%9c%9f

★農業女子メンバーと取り組んで感じたことは?
皆さん、アイディア豊富でフットワークが軽い!! と感じました。
また、自分で作った農作物を本当に愛していること。そして、それら農作物を一つ残さず、無駄にせず人へ届けたいと、農作物の生産販売はもちろん、加工やパッケージ、販路なども熟考している。商売やもの作りの基本を改めて教えてもらった気がしています。

★PJに関わって農業のイメージは変わりましたか?
大変なお仕事であると改めて感じました。自然が相手なので、自然と共に生きる術を持つことの大切さを教えられました。また、農業には多くの女性が経営者として参画されていることを知り、女性の力で「これまでの農業」が変わってきているように感じています。皆さまからいただいた様々なアイディアを生かしたワコールのインナーウエアで、大変さが少しでも軽減し、快適になれば幸いです。

★農業女子メンバーへメッセージをどうぞ!
実際に商品開発に協力していただいた皆さん、また、様々なアンケートや質問、依頼に答えてくださった皆さん。本当にご協力ありがとうございます。皆さまのご協力のおかげで、「汗が気になる季節に動いても、ズレにくくムレにくいノンワイヤーブラ」や、「たくさん動く日も、動きをやさしくサポートするタイツ」等の4つの商品が生まれました。
ワコールとしてはこれからも皆さんの農作業を少しでも快適にするための商品を検討したいと思っております。今後ともお力添えをお願いいたします。
また、4月中旬からウェブイベントがスタートします。気軽にご参加いただければ幸いです!!
これからもよろしくお願いいたします!!

%e3%83%af%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%ab%e4%b8%ad%e9%87%8e%e9%88%b4%e6%9c%a8

*****
鈴木さん、中野さんありがとうございました!
インタビューの中でもお話がありましたが、ワコール×農業女子の特設ページ(http://www.wacoal.jp/nougyoujoshi/)では今後も様々な企画を行っていく予定です。
こちらでもご案内させて頂きますので、是非チェックしてくださいね~!

関連する記事

最新の記事