農業女子PJ

MENU

2018.05.23

【私、農業女子PJに入りました。 第32回】

by農業女子プロジェクト事務局

今回は北海道湧別町の加藤庸加(かとうようか)さんをご紹介します。

加藤さんは結婚を機に酪農に携わるようになり、子育て、家事、酪農の仕事と忙しい毎日ですが、「農家だからできること」を発信したい!と日々頑張っておられます。

 

それでは、加藤さん よろしくお願いします。

                                                                                                                                  

・自己紹介をお願いします

始めまして、加藤 庸加(かとう ようか 42歳)です。

美味しい珈琲豆とスイーツをお取り寄せして、仕事の合間にいただくことが楽しみのひとつです。

週末は、息子の少年野球の試合観戦、娘と図書館でゆっくり過ごしてリフレッシュしています。

img_20180518_202234 img_20180518_124704

・農業をはじめたきっかけは?

酪農業を営む夫との結婚を機に営農に携わるようになりました。

img_20180518_124318img_20180518_123511

・どうして農業女子PJに入ったのですか?

軽トラ、作業小物、電化製品など、農業女子PJがさまざまな企業とコラボレートして開発された商品がとても魅力的だったので、自分も商品開発に参画してみたいと思ったのがきっかけです。

dsc04936

・農業への思いやこだわり、将来の目標を教えてください

自分にとって、牛との暮らしが切っても切れない日常となっている今、「農家だからできること」を地域で発信していきたいという思いがあります。

具体的には、農協女性部での食育活動や、子育て中のお母さん方が、ゆっくり息抜きできるコミュニティを作れたらと考えています。

img_20180519_100639 img_20180518_125915

・これから農業女子PJで取り組みたいことは?

メイクやファッションに興味のある農家仲間も多いので、近隣の女性部と合同でメイクアップ&スキンケアセミナー、野良着ファッションショーなんかを実現できたら楽しそう。お肌だけでなく仕事にハリが生まれます。

dsc04832

・湧別町のいいところをPRしてください

オホーツク海に面した湧別町は、海の幸(帆立、牡蠣など)、山の幸(アスパラ、流氷とうもろこしなど)、おいしい牛乳が自慢の、四季を通して広大な自然を体感できるまちです。

春には120万本ものチューリップが咲き誇るチューリップ公園があり、夏の潮風は自然のクーラーです。秋には真っ赤に色づくサンゴ草の群生地がサロマ湖畔にあります。厳寒の冬はオホーツク海を流氷が覆います。

%e6%b9%a7%e5%88%a5%e7%94%ba%e5%bd%b9%e5%a0%b4%e5%95%86%e5%b7%a5%e8%a6%b3%e5%85%89%e8%aa%b2hp

観て満足、暮らして安心。私は湧別で暮らして12年目になりますが、子どもたちにも大人にも優しい、本当に素敵なまちだと実感しています。

この春、町内に女性専用農業研修施設「みるくる」が完成しました。「みるくる」に宿泊し、町内の畑作・酪農農家で実習を行うことができます。農業に興味のある方はぜひ一度、気軽に農作業体験にいらしてください。親切モットーでサポートいたします!(詳しくはJAゆうべつ町ホームページまで)

%e3%82%86%e3%81%86%e3%81%b9%e3%81%a4%e7%94%ba%e8%be%b2%e5%8d%94hp

http://www.ja-yubetsu.org/publics/index/111/

 

                                                                                                                                   

加藤さん、ありがとうございました。これからも農家の魅力発信を期待しています!

湧別町は、美味しいものも観光スポットもたくさんあるのですね!女性用の研修施設も新たに完成したとのこと、農業体験をしてみたい女性の皆さん、湧別町に足を運ばれてはいかがですか?

12

関連する記事

最新の記事

おすすめ記事RECOMMEND

アーカイブARCHIVE