農業女子PJ

MENU

2018.08.29

【私、農業女子PJに入りました。第45回】

by農業女子プロジェクト事務局

今回ご紹介するのは、宮城県栗原市の星光(ほしひかる)さんです。

結婚を機に後継者としてUターン就農して3年目。自然豊かな栗原市で、大好きな家族と毎日農業に没頭する日々を送っている星さん。今回は、ご自身こと、家族のこと、そして地域や農業の夢について熱く語っていただきました。

*******************

☆自己紹介をお願いします。

三人姉妹の末っ子で、農業に全く興味のなかった私。高校の進路に悩んでいた頃、父の農業へのひた向きな姿に興味を持ち、農業高校へ進学しました。高校で農業に触れ、もっと勉強したいと考え北海道の農業大学へ進学を決意。農業に関わる仕事に就き、農業にどっぷりハマってしまいました。今では父が経営する水稲農家の後継者として就農し、今年で3年になります。大好きな家族と毎日農業に没頭する日々を幸せに感じます。今後は地元農家や地域の方々を巻き込んだ軽トラマルシェをすることが目標です。仕事の合間でネイリストの資格を取得し、20年後には農家カフェ、直売、ネイルサロンを作り、農業者や地域の方のコミュニティサロンを作るのが夢です♡よろしくお願い致します!

neilinaho

稲穂とネイル

 

☆お住まいの栗原市はどんなところですか。

決してインパクトのある田舎ではありません。ですが!最近YouTubeで話題の【おいでよ栗原】DA PUMP U.S.A(替え歌)、“I.N.K"(田舎)が歌われている場所こそが私の住んでいる宮城県栗原市です。過疎化が加速し、人と会うよりカエルに会う方が高確率です。宮城県で一番面積が大きい栗原市、中でも山好きな私のお気に入りは“栗駒山”です。日帰り登山におすすめな初心者でも登りやすい山です。コースも選べるので気分や天候に合わせて登ることが出来ます。下山後の温泉と名物の岩魚料理が格別です。日本酒好きの方には綿屋、栗駒山などの美味しい地酒があります。お近くにお越しの際は是非足を運んで下さいね♡

torakuta

 

☆どんな作物を栽培されていますか。

水稲を栽培しております。宮城県を代表する 「ひとめぼれ」 をはじめ、「ササニシキ」、「つや姫」を栽培。2018年は新たに「だて正夢」 を作付けしました。消費者のみなさんにまた食べたいと思ってもらえるような美味しいお米を生産しています。

sasanishikipack

☆販売ルートは?

販売は主に農協出荷がメーンです。少しずつですが、販路拡大、開拓のため直売に挑戦しております。

 

☆農業を始めたきっかけを教えてください。

結婚を機に後継者としてUターンしました。農業高校、農業大学、農業関係の仕事に就き、私には農業が天職と考え、就農を決意しました。

 

☆農業への想い(こだわり)を教えてください。

家族全員が自然が大好きで、農薬に頼らない農業を目指しています。低農薬で栽培する事を栽培理念にし、カメムシ防除を一切行わない自然環境や動植物に優しい米作りを実践しています。カメムシ被害(米に斑点ができる)を防ぎ、カメムシの発生を軽減させるため、除草作業は年5回行い、田んぼの中に生えた雑草は、歩いて手作業で抜き取ります。その甲斐あって、毎年雑草が減少しています。全ては自然に寄り添う田んぼに作りのために。日々自然に勉強させられる毎日です。

 

☆農業をしていて楽しいこと、苦しいことはありますか?

カエルやヘビなどの動物に会い、触れ合うことが大好きです。農作業の合間に昆虫採取を楽しみます。時にはヘビを捕まえることもあり、宮城県のムツゴロウさんになった気分です。

苦しいことは、草刈りの機械(畦畔機、刈払い機)が重いこと。腰が痛いです!トラクターのクラッチが硬くて足がつりそうになることです。

 

☆農業女子PJでは女性が使いやすい刈払い機やトラクタなども開発しているので、是非お試しを!ところで、農業女子PJに入ろうと思ったきっかけは?

私は現在、女性農業コミュニティリーダー塾実践編に参加しており、その研修にいらっしゃった事務局の方に紹介していただきました。感謝しています。

 

☆農業女子PJでやりたいことは?

女性農業者の仲間づくりと、情報交換がしたいです。私の地域でも農業女子が増えるよう、全国の農業女子のアイデアを共有させて頂けると嬉しいです。農業女子がきっかけで日本を元気に、明るくしていけたら楽しいですね!

 

☆今後の農業経営の展望を教えてください。

今後の展望は、耕作面積を増やし、米の直接販売率を向上したいです。みなさんの事例を共有させていただき勉強していきたいです!!

 

☆地域での活動を教えてください。

地元のイベント“くりこま夜市”マルシェブースにて直売を行い、地域の方々との交流を行い栗原のお米をPRしました。その他「栗原ふぁーみんぐ女子会」に参加し、地元の農業女子と共に交流し学んでいます。

shisyoku3

☆仕事と家庭(育児)の両立や働き方改革について工夫していることは?

我が家では家族のスケジュールを可視化して、お互いに助け合いながらの営農を心がけています。夫が積極的に家事に協力してくれるので、助かっています。家族の協力なくして農業は成り立たないとつくづく感じます。感情的になったら『 1に笑顔 2に感謝 3に尊敬』 を心の中で唱えます(笑)

kazoku

田植えの様子、お互いにサポートするよう心がけ、仕事も家庭も協力しています。

 

☆その他、ぜひ聞いて欲しいことありましたら、どうぞ!!

先祖から伝わるササニシキ栽培技術、頑固者の父に栽培技術や管理は「観て覚えろ」と言われています。この頃は“ふっくらもっちり”のお米が好まれているように感じます。しかし瀬峰星ライスファームが育てるササニシキは、さっぱりとした味わいの中にほのかな甘みを感じられます。日本食に合うその風味は、私が生まれてからずっと食べ続けている、記憶に残る美味しさです。

kodawari_sasanishiki

こだわりのササニシキ

 

☆最後に皆さんに一言お願いします!

農業の実務経験が少なく、まだまだ未熟者ですがよろしくお願いします!情報交換・共有がしたいのでぜひ全国の農業女子メンバーとお話ししたいです。最近のマイブームはYouTubeで野性爆弾のクッキーの白塗りモノマネを観るのが大好きです。一緒に白塗りしてくれる方いらっしゃればご一緒しましょう♡ ご覧いただきありがとうございました。

tyokubai_fufu

直売の様子

qr%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89FBのQRコード

 

*********************

星さん、ありがとうございました。農業女子プロジェクトで仲間づくりや情報交換をしていただき、活動を広くPRしてくださいね。事務局も情報発信し、お役に立てるよう頑張ります。あっ、ぜひ、一緒に白塗りしましょう(笑)それでは、今後ともよろしくお願いします!

 

16

関連する記事

最新の記事

おすすめ記事RECOMMEND

アーカイブARCHIVE