農業女子PJ

MENU

2019.01.09

【私、農業女子に入りました。第63回】

by農業女子プロジェクト事務局

今回は、鹿児島県南さつま市でらっきょうの生産をされている小宮智子(こみや ともこ)さんをご紹介します。

智子さんは、専業農家の夫とご結婚され、その後も看護師を続けられていましたが、農家民泊に興味を持ったことをきっかけに就農されたそうです。現在、生産以外にも観光農園や農家カフェにも挑戦されています。

それでは、小宮さんよろしくお願いします!

 

☆自己紹介

今から27年前、専業農家2代目の夫と結婚しました。4人の子育てをしながら看護職を続けていましたが、育児休暇中に知った農家民泊に興味を持ち、15年前に看護師を退職し、農業に携わり始めました。

「地域貢献したい、もったいないを形にしたい」という想いから農家民泊を始め、あわせて農業体験、マルシェも行なってきました。

 

☆小宮357ファームの概要

南さつま市は、薩摩半島の西に位置し、吹上浜には砂丘もあります。小宮357ファームは、砂地を活かした「加世田砂丘らっきょう」の生産を中心にトマトときゅうりの施設栽培をしています。

また、加工品の製造・販売やらっきょう観光農園、農家カフェも手がけています。

小宮357ファームは、農業を通して南さつま市の発展に貢献したいと考えています。

 

☆自慢の生産物などを教えてください

<生産物>

日本三大砂丘の吹上浜で育つ「加世田砂丘らっきょう」は、ミネラル豊富で真っ白でシャキシャキとした食感が特徴です。ミニトマトの「初恋トマト」は昔ながらのトマトの味がしっかりとしています。

 

02 03

<加工品>

らっきょうやトマトを使ったピクルス、身体に優しい「らっきょうを食べるドレッシング」「らっきょうせんべい」も作っています。

05 04

<農家カフェ>

平成28年に、夕日の見える海岸に「Mojo Cafe」を開店しました。自家農園のトマトソースを使ったトマトカレー、スパゲッティ、オムライスを販売しています。食材は、南さつまの食材が中心です。

カフェでは、野菜の食べ方の提案や地元の農家の方の紹介、地域のご案内などもしています。

06

☆農業女子PJに入ったきっかけを教えてください。

私は、次世代リーダー育成塾の4期生です。育成塾を通じて農業女子PJについて知りました。一年間、勉強する中で、たくさんの仲間と出会い刺激を受け、地域農業の活性化に取り組みたいと考えました。

 

☆最後に智子さんの農業への思いをお願いします。

女性としての役割を大切にしつつ、農業に従事する場をつくり、農業の重要性や楽しさ、やりがい、様々な可能性を伝え農業女子を増やしたいです。みなさんよろしくお願いいたします。

07

**********************************

小宮智子さん、地域の活性化に向けた熱い思いありがとうございました。長女は農家カフェに従事、また、息子さんも就農予定とのことであり、今後が楽しみですね。

10

関連する記事

最新の記事

おすすめ記事RECOMMEND

アーカイブARCHIVE