農業女子PJ SDGsへの
取り組み

MENU

2020.03.04

【私、農業女子PJに入りました。 第121回】

by島田 馨子

今回は神奈川県の島田馨子さんをご紹介します!
印刷・広告・会計の業界から農業に転職!

実際には身近なのに遠いイメージがある農業。。。農業の良さを広めるため、農作業体験の受け入れなど、地域に密着した農業を実践されています。
それでは島田さんお願いします!

 

初めまして、神奈川県相模原市の農業生産法人「ゆうゆう農場」の島田馨子といいます。

印刷・広告代理店・会計事務所を5年ずつ勤め、「このままで心がくさる」と思って農業に転職しました。まったくの未経験ですがなんとか5年目に突入し、毎日ドタバタしながらも楽しくもがいております。この度、神奈川県のウィメンズ・ファーマーズ・カレッジの研修に参加したことをきっかけに農業女子プロジェクトに参加してみようと思いました。

都市郊外でも田畑は意外にとても近くにあり毎日みなさんは野菜を食べているのに、なんだか「農業」というと、日常とはかけ離れた遠い世界のように感じている方が多いと思います。みなさんに農業のことを知ってもらい、もっとたくさん美味しい野菜を食べてもらえたらと思い、ちいさなことから、情報をお伝えできたらと思います。

農業に関してはまだまだ勉強不足ですが、どうぞよろしくお願いします。

 

島田さんありがとうございました。これからのご活躍期待しております!

29

関連する記事

最新の記事

おすすめ記事RECOMMEND

アーカイブARCHIVE