農業女子PJ SDGsへの
取り組み

MENU

2020.04.15

【私、農業女子PJに入りました。第126回】

by農業女子プロジェクト事務局

今回は岐阜県にある「株式会社 細野ファーム」の細野桃佳さんをご紹介します!
-------------------------------------------------------------------------------
Q 自己紹介をお願いします。
はじめまして。岐阜県揖斐郡にある株式会社 細野ファームの細野桃佳です。
細野ファームでは“トマトで少しの贅沢を”をコンセプトに数種類のトマトをつくっています。中でもオススメなのは『スピカ』という年間平均糖度が9.7度の甘いミニトマトです。
一年中美味しいトマトをお客様にお届けするために、コンピュータでハウス内の温度や湿度をコントロールし、常に旬のトマトに仕上げています!
%e3%83%8f%e3%82%a6%e3%82%b9%e5%a4%96%e8%a6%b3%ef%bc%91hosono27
Q 農業女子PJに、入ろうと思ったきっかけは?
夫から聞いて、農業女子PJのことを知りました。
女性の農家さんと関わることがあまりないので、女性ならではの視点で意見交換をしたいと思い、農業女子PJに入りました。
Q 農業を始めたきっかけは?
結婚を機に農業を始めました。
夫も私も農業とは無縁でしたが、夫が農業系のバラエティ番組に影響され就農し、毎日頑張っている姿を見て支えたいと思い、私も手伝うようになりました。

Q 農業をしていて楽しいこと(嬉しいこと)、厳しいことは?あるいは,学んだことなど。
地元の学校給食に『スピカ』を提供しているのですが、トマトが苦手だという子どもたちに「このトマトなら食べられる!」と言ってもらえることがすごく嬉しいです。
全国のトマトが苦手な人たちに『スピカ』を食べてもらって、トマトは美味しいんだよということを知ってもらいたいです。

2020-03-30-16-23-542020-03-30-16-25-00
Q これからの目標を教えてください。
まずはトマトを通して地元の地域の活性化をしていきたいと思っています。
最終的には「トマトと言えば細野ファーム!」と全国の皆様に言ってもらえるようになりたいです。

Q これから農業女子PJで取り組みたいことは?
まだ農業女子の活動に参加できていないので、これからたくさん参加して有益な情報交換をしていきたいです。
-------------------------------------------------------------------------------
細野さん、ありがとうございます。
トマトを通じての地元の活性化活動など、今後、益々のご活躍を応援しています。

31

関連する記事

最新の記事

おすすめ記事RECOMMEND

アーカイブARCHIVE