農業女子PJ SDGsへの
取り組み

MENU

2021.03.12

「私、農業女子PJに入りました。第144回」

by農業女子プロジェクト事務局

今回御紹介するのは、埼玉県さいたま市の田島友里子さんです!
皆さんは、スマートフォンなどで無料で聴ける音声配信メディア「ポッドキャスト」を使って全国の若手農家が発信する「農系ポッドキャスト」が話題となっていることを御存知でしょうか?
田島さんも、「農系ポッドキャスト」を配信している若手農業者のお一人です。
それでは田島さん、お願いします!!

+++++++++++++++++
―――自己紹介をどうぞ!
はじめまして。こばと農園の田島友里子です。
2020年にさいたま市で新規就農して、
現在は約1.5haの畑で、自然栽培の野菜をつくっています。
現在34歳で、夫と娘と息子がいます。
%e7%94%b0%e5%b3%b6%e6%a7%981-1

―――農業をはじめたきっかけを教えて下さい。
農業をはじめたきっかけは、農業という仕事が好きだったから。

自分自身の人生を考えたとき、たくさんの時間を使う〈仕事〉は自分の好きなことをしたいと思っていました。そして、食べ物を生産する〈農業〉というシンプルな働き方に強く惹かれました。
%e7%94%b0%e5%b3%b6%e6%a7%981-2  %e7%94%b0%e5%b3%b6%e6%a7%981-3

―――今頑張っていること、力を入れて取り組んでいることは何ですか?
私が、今取り組んでいることのひとつがポッドキャスト(ネットラジオ)です。

『女ひとり。新規就農radio』という番組名で、私の就農経験をもとに、これから新規就農してみたい方や農業に興味を持っている方にむけて発信しています。
%e7%94%b0%e5%b3%b6%e6%a7%982-1

このラジオをはじめた動機は、
私が新規就農する前に、同じような境遇(女ひとりで新規就農した方)が周りにいなかったので、そのリアルな声を届けたいと思ったからです。
たった一人の女性の就農経験ですが、誰かの何かのきっかけになるんじゃないかと思っています。

また女ひとりで(子育てもしながら)新規就農した私でないと喋れないこともあると思っていて、自分の言葉で自分が思ったことを喋るように心がけています。

営農、家事、子育て、自身の時間、などのバランスや、男性経営者が圧倒的に多い農業の世界でどうやって女性として立ち居ふるまっているのか。新規就農する際に私がやってきたことなど、かなり具体的に喋っていますので、興味がある方はぜひ聞いてください。

私も一人仕事の時は、だいたいラジオを聞いているのですが、私のポットキャスト以外にも沢山の農家さんが、ラジオ配信をしていてとても面白いのでおすすめです。( #農系ポットキャストと検索してみるとたくさん出てきます。 )

新規就農して、一人仕事が多く、孤独になりがちですが、そんなときもラジオは、心の支えになっていました。

%e7%94%b0%e5%b3%b6%e6%a7%982-3

あとは、私と同じように、地域の新規就農者で有機農業をやっている仲間と、《さいたま有機都市計画》というグループの立ち上げを昨年行いました。このグループは農家が中心となり、有機農業でさいたま市を盛り上げよう!という取り組みです。
%e7%94%b0%e5%b3%b6%e6%a7%983-1

昨年の11月に行ったキックオフイベント「畑でマルシェとお弁当」には約200名程のお客様がお越しくださって、いくつかの新聞にも載せて頂きました。
私が耕作しているさいたま市は、畑とお客さんの距離がとても近く、とてもめぐまれた地域です。この立地をいかして、沢山の方が、畑に遊びに来たり、私たちの活動を通して、もっと有機農業のことを知ってもらいたいと思っています。
農家だけの閉鎖的なグループではなく、農家以外の方々にも広く関わってもらい、みんなで有機農業というツールを使って、楽しいことを沢山生み出していけるグループにしていきたいです。
%e7%94%b0%e5%b3%b6%e6%a7%983-2

―――農業をしていて苦労したことや大変だと感じることは何ですか?
今は夫が単身赴任中なので、子育てと家事と仕事(農業)とのワークライフバランスをとることが少し大変かな。いつも忙しくしています。苦笑。
%e7%94%b0%e5%b3%b6%e6%a7%984-2

―――ご自慢の農産物を教えてください。
先日有機JAS認証を取得し、有機農産物として季節の野菜を生産しています。うちの農園では固定種や伝統野菜と呼ばれる野菜も作っていて、その野菜はとても美味しいとお客さんからも評判です。
%e7%94%b0%e5%b3%b6%e6%a7%984-1

―――これから農業女子PJでどんなことに取り組みたいですか?
農業以外の業種の方々と交流出来れば嬉しいな、と思っています。
新しい空気をもっともっと吸いたいですね。

―――将来の夢を教えてください。
これからの夢や目標は、もっとこばと農園を大きくして、たくさんの人とたくさんの野菜の生産を行っていきたいです

〈 さいたま市の畑で、さいたま市の人と、さいたま市の人のための野菜をつくる 〉というのが、うちの農園の理念で、就農したこのさいたまの土地で、地域の方から愛される農園になっていきたいです。
%e7%94%b0%e5%b3%b6%e6%a7%982-2

―――最後にひとこと!
農業はほんと良い仕事だと思っています。
そんな魅力的な「農業」 という仕事の選択肢があることを、もっと沢山の人に知ってほしいです。
%e7%94%b0%e5%b3%b6%e6%a7%985

+++++++++++++++++
ありがとうございました!!
田島さんのポッドキャストを拝聴しましたが、田島さんの農業にかける想いが伝わってきました!
皆さんもぜひ『女ひとり。新規就農radio』を聞いてみてください。
事務局はこれからも田島さんの取組を応援していきます!!

35

関連する記事

最新の記事

おすすめ記事RECOMMEND

アーカイブARCHIVE