農業女子PJ SDGsへの
取り組み

MENU

2016.10.04

【農業女子PJ北海道メンバーの活動をご紹介します~江面陽子さん~】

by北海道農政事務所

平成2892日(金)に「都市・農村共生社会創造シンポジウム2016 in 北海道 ~田園回帰が創る未来~」が北海道札幌市で開催され、農業女子PJメンバーの江面陽子さん(農家民宿えづらファーム代表/北海道遠軽町)がパネルディスカッションのパネリストとして参加されました!

%ef%bc%91

写真左から、コーディネーターの藤山浩氏(島根県中山間地域研究センター研究統括監)、コメンテーターの東山寛氏(北海道大学大学院農学研究院准教授)、パネリストの江面陽子氏(農家民宿えづらファーム代表/北海道遠軽町)、三条幹男氏(下川町環境未来都市推進課長)、長島由佳氏(合同会社PotLuckField里美代表/茨城県常陸太田市)

%ef%bc%92

江面さんは自己紹介で、非農家出身の二人が遠軽町白滝で就農したきっかけをはじめ、「白滝じゃが」で町おこし、農閑期は農家民宿、農繁期は農家体験や住み込みのアルバイト、じゃがいも先生の認定、企業研修(農業系以外)の受け入れ、麦わらモビール「ヒンメリ」、えんがる麦フェスティバルなどのえづらファームの取組について紹介。

%ef%bc%94

その後のパネルディスカッションは、テーマごとに各パネリストがキーワードを紙に書いて出して、意見を発表する方式で、このときのテーマは、「30代子連れ世帯が田園回帰する一番の決め手とは?」。

%ef%bc%95

都会で会社員として多忙だった生活から、家族で過ごす時間を大事にしたいという思いで田園に回帰し、食を創る農業をはじめ、「白滝じゃが」や「ヒンメリ」を通じて地域の新しい未来を創る江面さん。

たくさんの人が江面さんや農業女子の皆さんのお話を聞いて、就農しようという方が各地にいっぱい増えるといいですね。

0

関連する記事

最新の記事

おすすめ記事RECOMMEND

アーカイブARCHIVE