農業女子PJ SDGsへの
取り組み

MENU

2019.01.21

兵庫県西播磨地区生活研究グループ交換大会で農業女子PJの成果品を紹介しました♪

by近畿農政局

近畿農政局です。

img_2363

1月18日、兵庫県神崎郡福崎町のエルデホールにて第48回西播磨地区生活研究グループ交換大会が開催され、中・西播磨地区各生活研究グループ連絡協議会のメンバー、姫路神崎地域の集落営農組合員及び若手女性農業者など、約150名の方が参加されました。

img_2460

会場には参画企業とのコラボ商品を展示させていただくとともに、近畿農政局から農業女子プロジェクトの取組を紹介させていただきました。

そして、今大会のメインイベントとして、農業女子プロジェクト参画企業のうち、カネコ総業株式会社、株式会社丸山製作所、兵庫ダイハツ販売株式会社の3社に参加いただき、農業女子メンバーと共同開発したコラボ商品のプレゼンテーションを行っていただきました!

img_2402img_2400

img_2387

カネコ総業さまからは、販売されたばかりの「Lacuno」シリーズの鎌と鍬を持参いただき、商品のコンセプトや使用方法などを説明いただきました。

丸山製作所さまからは、草刈機「かる~の」と噴霧器「きりり」の説明、ダイハツ販売さまからは新たに衝突回避ブレーキ機能「スマートアシストⅢt」が装備されたハイゼットシリーズについて紹介いただきました。

img_2457

大会の閉会後には、個別に企業に対する質疑応答や、商品に触れられるブースが設けられ、参加者は興味のある企業のもとにそれぞれ集まり、商品の使い方や値段を質問したり、実際に触ったりされていました。また駐車場では、ダイハツのハイゼットの試乗とスマートアシストの体験も行われました。

img_2440 img_2427

img_2486img_2493

img_2483

これまでもイベント等で農業女子PJグッズの展示をしたことはあるのですが、今回のように参加者が実際の商品を手にしたり、企業の方から直接、お話を聞ける機会はあまりないので、貴重な場となりました。

img_2408img_2448

参加者からは、「やはり実物を見たほうが印象に残る」、「草刈機の刃がピンクで形もハートで可愛い」、「鎌と鍬は男性でも握りやすくて良い」などのご意見をいただきました。カネコ総業さんは会場でLacunoシリーズの注文を受け付けたのですが、注文が殺到していました。

img_2418

今大会に当たり、兵庫県の関係者の皆様をはじめ、参加いただいたカネコ総業さま、丸山製作所さま、ダイハツ販売さま、遠くからお越し頂き、どうもありがとうございました。

13

関連する記事

最新の記事

おすすめ記事RECOMMEND

アーカイブARCHIVE