農業女子PJ SDGsへの
取り組み

MENU

2019.10.23

甲州こみち市「やまなし農業女子と食べる!秋の収穫祭!」開催しました!

by近藤 かおり

山梨県で農業者として活躍する、「やまなし農業女子」が、10月19日に開催された「甲州こみち市」で、山梨県内で栽培される野菜をご紹介しました!

山梨県と言えば、フルーツ王国ですが、同じ大地で育った野菜もとても美味しく育っています。

甲州こみち市の楽しい雰囲気の中、生産者からもっと美味しい&楽しい野菜の食べ方を聞きながら、山梨県で生産される野菜の“美味しい”を共有できました。

このイベントに先立ち、10月8日(火)にプレイベントを開催しました。

こちらでは、職業としての農業にスポットを当て、農業女子のメンバー4名が感じている農業の魅力や課題を、参加者の皆さんと共有しながら、農業者と消費者が共に農業の未来を考えました。
dscf4554 dscf4574

テーマ:私たちが「農業」を選んだ理由
・農業という職業をなぜ選んだのか…それぞれの入り口
・どうしてその作物を作っているのか…地域の強み、個々の強み
・1年間のライフスタイル…オンとオフの楽しみ
・農業をしていて楽しい瞬間…それぞれの喜び
・農業が大変だと感じること…それぞれの課題
・こんなことができたらいいな…未来への創造 など

色々な境遇の方が参加してくださり、熱心に耳を傾けてくださいました。そして色々な思いを聞かせていただきました。山梨で農業に携わる個人として気を引き締めていこう、と改めて決意したメンバーも。

農業との距離が遠くても近くても、農業への思いは人それぞれ。「職業としての農業」に、少しでも気付きを持ってもらえたことと思います。

dscf4615
そして、メインイベント甲州こみち市当日です!

提供するメニューはこちら

line_7328414340118
「ホットワイン」「かぼちゃのポタージュ」「きゅうりのポタージュ」「野菜のホットピクルス」

もちろん使われている野菜&ワインはメンバーが生産したもの。イベント開始前に集まり、わいわいと皆で料理しました。

dscf4634  dscf4668
会場では野菜栽培の流れ、収穫~食卓に届くまで、山梨県伝統・特産野菜、野菜の規格などを展示し、そちらを見ながら解くクイズを用意しました。(写真中央は地元ラジオ局へ電話で出演する片山リーダーです)

クイズに全問正解で、なんと規格外野菜をプレゼント!出荷作業として、選んだ野菜を袋に詰めてバッグシーラーでがちゃんとするまでをお客様に体験していただきました。こちらは大変盛り上がり、一時は列ができるほど。持ち帰った野菜を食べて、規格外野菜でも、味は変わらず美味しいことをご理解いただけたら幸いです。

dscf4652 dscf4690
屋外ではメンバーの農産物を販売。こちらも盛況で、早い時間に完売いたしました!

line_7296064408464
こういったお客様との触れ合いを通して、農業に関心を持っていただけるよう、今後も活動を続けていこうと思います。

dscf4722

【開催場所】
甲府駅北口 山梨県立大学フューチャーセンター CasaPrisma

 

8

関連する記事

最新の記事

おすすめ記事RECOMMEND

アーカイブARCHIVE