農業女子PJ SDGsへの
取り組み

MENU

2021.12.20

【農業女子プロジェクトチーム"はぐくみ"】山形大学農学部で講演及びワークショップを行いました!

by東北農政局

12月1日(水)、山形大学農学部鶴岡キャンパス(山形県鶴岡市)にて、農業女子プロジェクト チーム“はぐくみ”の活動の一環として、やまがた農業女子ネットワークメンバーによる講演が開催されました。また、それに伴い、行われたワークシップには、やまがた農業女子ネットワークメンバー、学生など約60名が参加しました。

新田祥子さんからは、~私の農業経営とあぐっとに加入して~と題して、就農のきっかけや経営及び今後の目標等についてお話いただきました。新田さんは、ご両親が守り続けた山形県真室川町の農地を守りたいとの思いで、2003年に夫婦で就農されました。農業経営について学び法人化した経緯や周囲の人々に助けられながら農業ができることへの感謝の思いなどのお話に、学生等は真剣に聞き入っていました。

img_1857

講演の後は、グループに分かれ、「あなたの就農に向けた目標を教えてください」というテーマで、ワークショップが行われました。参加者は、就農をはじめとした自身の将来の目標、課題やその解決方法などについて意見交換し、アイデアを共有しながら自身の考えを整理しました。

img_1865

学生からは、講演について「農業女子プロジェクトや、やまがた農業女子ネットワークなど、農業も人と人とのつながりが大切と感じた。女性が働きやすい環境の整備は、ますます重要で、新規就農者を増やすためにとても大切だと思う。新田さんのように状況に柔軟に対応しつつ経営を続けることがとても大切だと思った。」などの感想が寄せられました。

また、ワークショップに関しては、「目標に対する課題の解決方法を考えるのが難しかったが、意見交換を通じて自分の考えを改めたり、さらに深めたりできた。」などの感想が寄せられました。

5

関連する記事

最新の記事

おすすめ記事RECOMMEND

アーカイブARCHIVE