農業女子PJ SDGsへの
取り組み

MENU

2017.01.14

日本農業女子フェアin香港♪

by農業女子プロジェクト事務局

【日本農業女子フェアin香港♪】

先週お知らせいたしました、日本農業女子フェアin香港。

参加メンバーの埼玉県の榎本房枝さんから初日のレポートが届きました。 それでは、房枝さんお願い致します!

*************************************

そごう、イオンそれぞれの初日の様子をレポートします! 香港そごう 銅鑼湾 にて、1月11日無事に初日のスタートがきれました! 開店前から入店し、棚割りをしながら、価格バーコードを全商品に添付しながら準備したので、朝はかなりバタバタしていましたが、たくさんのお客様に日本の農産物をアピールできたと思います。

%ef%bc%92%e3%81%97%e3%81%84%e3%81%9f%e3%81%91%ef%bc%86%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%88%e3%83%9e%e3%83%88%ef%bc%94%e3%81%9d%e3%81%94%e3%81%86%e5%ba%97%e9%a0%ad

青果売り場は、少し離れた3か所に常温・冷蔵・加工品のブースがあるため、まとめてディスプレイすることができませんでしたが、売れ行きをみながら少しずつバックヤードから商品を追加する形になりました。

%ef%bc%93%e3%82%8a%e3%82%93%e3%81%94

そもそも『そごう』という日本の百貨店ブランドなので、売り場にある青果物はほぼ日本からのものですが、その中でも今回の農業女子の青果物はかなり新鮮なので、お客様もそれを見て手に取っていただき、とても喜んでもらいました。 特に通常販売の品には「大根」「ねぎ」などがないため大人気。さらに外の葉っぱがたくさんついている新鮮なキャベツはまず見ることがないということで、初日から非常に大人気。そごうでは一番最初に売り切れました。

実はそれには理由がありました。こちらで販売されている大型野菜はほぼ船便ですが、今回農業女子が納品したものは空輸便なので新鮮さが格段に違うのです。その辺はお客様も敏感で、これだけ良いものがこの価格なら満足よ~と言っていただけました。

翌日、1月12日には、イオンスタイル コーンヒル にて初日をむかえました。 売り場は日本でもおなじみのクッキングステーション(試食販売コーナー)のブースカウンター全部を使っています。 そごうとは違いワンコーナーに青果物の冷蔵品・常温品・加工品のすべてが陳列されているので、とても見やすい売り場になっています。

%ef%bc%95%e3%82%a4%e3%82%aa%e3%83%b3

そして今回は、そごう、イオンそれぞれの売り場に、在香港日本国総領事館 大使兼総領事の松田邦紀氏も視察に訪れていただきました。

%ef%bc%91%e3%82%a4%e3%82%aa%e3%83%b3%e6%9d%be%e7%94%b0%e5%a4%a7%e4%bd%bf

イオンでは試食コーナーが充実しているため、ドンドンその場で調理して食べていただき、納得して購入される方が多いです。 シイタケは流通量が少ないようで、店内にもしなびたものしかなかったのですが、試食をしてもらったら売れるようになりました。ミカンに関しては、とにかく「甘いの?」と常に聞かれます。酸味が少ない甘いみかんが好まれます。 さらに農業女子の産品ではありませんが、一般流通ものの日本産キンカンが非常に人気でした。

そごう・イオンともに印象的だったのがさつまいもです!日本の売り場ではここまで数量がでる品目ではないのですが、売り場に人だかりができるくらいの大人気です。今回4種類を販売しており、品種の味の違いを説明するのに苦労していますが、サツマイモの需要の多さに驚きました。ただ日本で焼き芋に使用している大きさでは売れず、小さいサイズが非常に好まれます。 日本のサツマイモは、甘くて絶品!とたくさんの現地の方から言われました。

以上2日間それぞれの初日をむかえてのレポートでした。 加工品に関しては、また次回のレポートでお伝えします!

************************

榎本さん、イベント中のお忙しいところありがとうございました~! 香港の方の好みは大変気になりますね。 農業女子プロジェクトFBのグループページにも皆さん投稿してくださってますので、ぜひご覧くださいね。

0

関連する記事

最新の記事