農業女子PJ SDGsへの
取り組み

MENU

2017.02.06

農業女子プロジェクトの原点を知る!~(株)博報堂 勝又多喜子さんご講演~

by東海農政局

東海農政局です。
先月25日、「平成28年度岐阜県普及活動研究セミナー」(主催:岐阜県)において、農業女子プロジェクトの生みの親『株式会社博報堂 勝又多喜子さん』の講演が行われましたので、その時の様子をレポートします。

セミナーは、県下の普及指導活動の成果の波及を通じ、農業・農村の一層の振興を図ることを目的に開催されたもので、地域の普及活動事例の発表と、農業女子プロジェクトに関する講演が行われました。

p1060041
経営局就農・女性課 久保室長からは、「農業女子プロジェクトの現在の取り組みについて」女性の活躍推進施策や農業女子プロジェクトの成果などについて情報提供が行われました。

p1060028
続いて株式会社博報堂 ビジネスプロデューサー 勝又多喜子さんから「農業だから生み出せる新しい価値~農業女子プロジェクトの活動を通じて」と題し、講演が行われました。

p1060038

勝又さんは、2012年~2014年の2年間、官民人事交流制度で農林水産省経営局へ出向され、新規就農者や女性農業者等の支援に関わる中で、農業女子プロジェクトを立ち上げました。

広告業界で働いてきた勝又さんにとって、農業界で当たり前とされている「普通」のことは、「特別」と感じることの連続だったそうです。そんな農業界の「普通」と広告業界の「特別」がタッグを組み「農業女子プロジェクト」は誕生しました。

講演では、「ターゲットを明確に」「強い想いのアイデアを」「広く伝えていく」という考え方や、農業界だけではなく様々な業界と連携することで、農業の魅力や価値の再発見につながっていくことを実際の活動事例を交えてわかりやすく伝えていただきました!

農業女子プロジェクトの原点を知ることができる貴重なご講演でした。ありがとうございました!

0

関連する記事

最新の記事