農業女子PJ

MENU

2017.03.03

SIMA2017レポート⑤

by西岡 さち子

徳島県の農業女子メンバー、西岡さち子です。

5回目のレポートはSIMAGENA!どっちを向いても牛がいます。ここには、繁殖に優位な牛が集まってます。

img_4734img_4744img_4745

見た目は牛なのですが、ここの展示は精子と卵子、つまり遺伝子です。この精子はツノが出ない遺伝子だとか、この卵子は育てやすく美味しい仔牛ができるとか。私は全然門外漢なのですが、メスの小屋にオスを放して行う自然交配よりも確実な人工授精がメジャーなんだそうで、セリでも牛そのものじゃなくって、この牛の遺伝子でどれだけいい仔牛ができるか、の説明を終始されていました。 体外受精や代理母も、牛の世界じゃ全く珍しくないそう。

この牛の毛フサフサやー!この子たち、寝ながらご飯食べてるから牛なんじゃないの?!笑 とか言いながら見てたら、ツノの出ない牛部門で銀賞を取った牛オーナーさん(精子屋さんだそうです)にたまたまお話がきけました。1週間以上前から毎日ブラッシングして、綺麗にしてきたそう。たしかに、こんな綺麗な牛見たことない!オシャレしてたんだね ?

余談ですが最近フランスでも神戸牛が流行りはじめてるそうで、あんなサシのある牛はこの辺じゃ作らないんだよって仰ってました。たしかに、フランスのごはん屋さんで出てくる牛は、滋味のある柔らかな赤身でサシは無かったわね?。

もちろん晩には、牛をありがたく食べさせていただきました。命に感謝です!

0

関連する記事

最新の記事