農業女子PJ

MENU

2017.07.21

カチカチ農楽が~るの熱い一日

by黒木 貴子

佐賀県の農業女子PJメンバーの黒木貴子です。

7月20日、佐賀北部地方の梅雨明けとともにカチカチ農楽が~るの熱い一日でもありました。農林水産省大澤経営局長がなんと、私たちに会いに来てくれました。

%e5%a4%a7%e6%be%a4%e5%b1%80%e9%95%b71

メンバー内にはお会いした人もいましたが、ほとんどが初対面。私もその一人。迎えるにあたり、どんなもてなしをしたらいいのかな?と相談しながら当日を迎えました。メンバー会長の私の家まで来てくれて、お揃いにシャツにてお迎えしました。

佐賀県白石町は、県内でも気温が暑い事で有名ですが、作業小屋での挨拶とれんこんの圃場を見ていただきました。

%e5%a4%a7%e6%be%a4%e5%b1%80%e9%95%b72

そこで記念撮影を快く受けていただき、どこに行くのものぼり持参でパチリ1枚。

その後、近くの公民館へ移動して意見交換をさせていただきました。

メンバー6名の外、佐賀県農産課、白石町役場、杵島普及所など同席してもらいました。

まずはメンバーの紹介も一人ずつ聞いていただき、大澤局長へ質問。

そこでの質問 ①新規就農者への補助金と就農後継者との待遇の違い

②女性農業者の勉強会やセミナーへの参加の仕方。

など、決められた時間内では収まらず少しオーバーしてしまいました。

1つ1つの私たちの声にも 快く答えてもらい、日頃思っていても、なかな声が届かない事がある中、直接話せるご縁を頂き本当に農業女子でよかったと思える日でした。

局長の奥様に対する感謝の行動、私としてはぜひ主人に聞いてもらいたかったです。

佐賀は2度目という大澤局長。また、いらしてください。今度は、農楽が~るメンバー全員でお迎えいたします。

 

 

0

関連する記事

最新の記事