農業女子PJ

MENU

2018.03.26

国連女性の地位委員会(CSW)が合意結論を採択し閉会

by農業女子プロジェクト事務局

3月12日に開幕した第62回国連女性の地位委員会(CSW62)。最終日の3月23日に合意結論を採択し閉会しました。

%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%82%bb%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3

CSW62閉会式の様子です

今回は6年ぶりに農山漁村女性がテーマで、一般討論で農業女子プロジェクトの活動が紹介されたり、山形県の結城こずえさんがサイドイベントでスピーカーをつとめたことは先日レポートしました。

後半は、合意結論の採択に向け、非公式協議が行われました。パラグラフ毎に協議され、様々な意見が出されるので、相当の時間がかかります。協議は連日深夜まで続き、6年前は合意できなかった経緯があるので、今回もまとまるのか不安がよぎりました。

ファシリテータによる粘り強い調整の結果、最終日23日に合意に至りました。最後のパラグラフが合意した瞬間、会場から歓声があがり、参加者が皆抱き合って喜んでいました。国連UNWomenでもプレスリリースされています。http://www.unwomen.org/en

image2

最後のパラグラフが合意した瞬間。歓声があがり、参加国が抱き合って喜んでいました。

image3

閉会式で配布された、合意されたばかりの文書

合意結論には、農山漁村女性を含む全ての女性のジェンダー平等達成のため取り組むべきことが幅広くまとめられています。多くの皆さんにご覧いただけるよう、仮訳の準備ができ次第、農林水産省HPでも掲載していきたいと思います。

<サイドイベントこぼれ話>

結城こずえさんが登場したサイドイベントでは、他にネパールのシャンタさん、タンザニアのキバさん、FAOのマーサさんがスピーカーをつとめました。

013

%e3%82%ad%e3%83%90%e3%81%95%e3%82%93

一番右が結城こずえさん、左から二人目がキバさん

このタンザニアのキバさん、実は一昨年(2016年)JICAの研修で来日されていました。キバさん帰国後も活躍しているニュースを聞き、我々もとてもうれしいです!益々のご活躍を期待しています!

%e3%82%ad%e3%83%90%e3%81%95%e3%82%93%ef%bc%92

 

 

6

関連する記事

最新の記事