農業女子PJ SDGsへの
取り組み

MENU

2017.02.20

新規プロジェクトぞくぞく進行してます

by農業女子プロジェクト事務局

今回は、農業女子プロジェクトの肝である、参画企業と農業女子メンバーによる個別プロジェクトについて、第4期新規参画したコンビ・コンビウィズと大日本印刷によるプロジェクトの最新情報を紹介します。

●コンビ・コンビウィズ【「おいしい!」を未来までつなげようプロジェクト】
農業を身近に感じてもらうことにより、農業(日本のおいしさ)を次世代につなげていこうと、コンビウィズが行っている保育園事業・学童事業において、農業女子プロジェクトとのコラボを検討しています。

今回は、そのキックオフとして、群馬県の根岸聡美さん(ミネラルファーム尚香園)をお伺いして、
・1日をどんなふうに過ごしたら子どもたちは喜ぶか?
・農業に興味を持ってもらうにはどうしたらよいか?
など、コンビ・コンビウィズの担当者と意見交換をしました。

今後も農業女子メンバーと意見交換をしながら具体的な取組を詰めていく予定です。

%e6%a0%b9%e5%b2%b8%e3%81%95%e3%82%93%ef%bc%86%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%93%e3%82%a6%e3%82%a3%e3%82%ba

●大日本印刷(株)【DNPプロジェクト ~農業女子の未来のあたりまえをつくる~ Develop Next Package】
農業者のみなさんの大きなお悩みの1つに「包装資材」があるのではないでしょうか。
機能性を求めると価格が高くなる、農業女子らしいかわいい資材がない・・・などなど、農業女子メンバーからも多くの悩みが寄せられたことから、デザインと機能性を兼ね備えた包装資材を新たに作りだそう!という趣旨で始まったのがこのプロジェクトです。
本格的な始動に向け、各地で開催された農業女子の勉強会「地域キャラバン」を利用し、全国の農業女子メンバーとの意見交換を行いました。

%e4%b8%ad%e5%9b%9b%e5%9b%bd%e3%83%9f%e3%83%bc%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0%e9%a2%a8%e6%99%af

この個別プロジェクトのサブタイトルは「農業女子の未来のあたりまえをつくる」。これは大日本印刷の企業コンセプト「未来のあたりまえをつくる」からつけたものです。
今後、農業女子メンバーの皆さんから寄せられた意見をもとに、農業女子らしい、新しい包装資材を創っていく予定です。

0

関連する記事

最新の記事