農業女子PJ

MENU

2018.02.02

フリマアプリ「フリル」を販路に活用♪(第1回:一之瀬さん/トマト)

by株式会社Fablic

こんにちは!フリル担当の中野です。

先日「農業女子PJ×フリル ファーマーズマーケット」をオープンしました!

初代メンバーとしてご参加いただいた6名を、今回より1人ずつご紹介します。

******************

【第1回:一之瀬さん / トマト】
http://farmgirl.fril.jp/entry/2017/11/20/133000

11月初め。徐々に寒さが本格化する中、これ以上にない晴れ日での取材となりました。
金色に輝く稲穂道から辿りついたのが、一之瀬さんのビニールハウスです。

dsc_0783

今回の企画説明と自己紹介をすませて、早速取材開始!

前職は、ジュエリー販売店に勤めていたという一之瀬さん。
現在はご結婚をきっかけに、旦那さまのご家族と協力して農産物の栽培を行っています。

トマトの収穫は、一つ一つ成長を確認して目で見て手摘み。

驚いたのは、一之瀬さんのトマトは宝石のようにピカピカなんです!
とくに房のように連なるトマトの赤ちゃんは、つるんと並んでまるで葡萄のよう。
ミニトマトってこんな風に実がなるんですねー!と取材班もびっくりでした。

dsc_0805dsc_0767

ビニールハウス内での撮影を一通りを終えてハウスを出ると、
どこからともなく猫たちが・・・。

一之瀬さんの田畑ではお米の栽培もしているので、ご近所の猫様が、

ねずみを追い払ってくれる役目(のはず!)なんだそう。
人と猫の共同運営・・(?)

思いがけない協力者とご挨拶ができました。

インタビューの中では、栽培へのこだわりや、農業を始めたきっかけを
ゆっくりかみ締めるように紡ぎ出される言葉で教えてもらい、
真面目で丁寧な人柄が表れるような、温かみのある内容となりました。

dsc_0847

その後一之瀬さんのトマトには注文が殺到し、

あっという間にフリルの人気ショップに!

tomayo3

現在は、お客様との対話から当初無かった商品を用意したりと、
新たな販路として上手く活用いただいています。

一之瀬さん、ご協力ありがとうございました!

dsc_0787

******************

【プロフィール】

お名前:一之瀬まゆみさん
地域:山梨県中央市
ショップ名:マルヨシ園芸's shop
ショップURL: https://fril.jp/shop/maruyoshi

14

関連する記事

最新の記事