農業女子PJ SDGsへの
取り組み

MENU

2021.06.22

渡邉女性活躍推進室長と山形大学農学部との意見交換会(6/14)

by山形大学

農業女子プロジェクト チーム“はぐくみ”に加入して3年目となる山形大学農学部では、農業女子プロジェクトについて更に理解を深めるために、6月14日に、経営局就農・女性課 渡邉女性活躍推進室長とリモートで意見交換を行いました。

渡邉室長から、新規就農者の育成・確保、農業女子プロジェクトの成り立ち及び参画企業及びチーム“はぐぐみ”の説明を受けた62名の参加学生は、「他“はぐくみ”の加入校と連携したいこと」、「若者が農業に興味を持つようになるために参画企業に取り組んでほしいこと」及び「女性の新規就農者数はどのようにすれば増やせるか」という3つのテーマでワークショップを行った後、学生たちの意見を基に渡邉室長と意見交換をしました。

学生からの、
・東京家政大学、産業能率大学と連携して、農産物の生産、加工、販売戦略について意見交換したい
・丸山製作所と連携してドローンの農業への活用方法を学びたい
・農業を題材としたゲームを作って、農業に興味を持ってもらう
という意見に対して、渡邉室長からは、
14のグループの提案を聞いて、それぞれに興味深く、そして斬新なアイデアが出て、参考になったので、関係者の皆さんに伝えたい
という意見を頂きました。

なお、意見交換会で出された学生からの提案は、はぐくみ加入校及び参画企業に提案を行い、実現の可能性について検討することとなりました。

山形大学農学部は、今後も、山形大学生の将来の選択肢に「農業」が加わることを目指して、農業女子プロジェクト“はぐくみ”の活動に取り組んでいく予定です。

リモートでの学び

数人に分かれてワークショップ

14のグループから意見発表

10

関連する記事

最新の記事

おすすめ記事RECOMMEND

アーカイブARCHIVE