農業女子PJ SDGsへの
取り組み

MENU

2016.09.07

農業女子のお国自慢♪49

by農業女子プロジェクト事務局

【農業女子のお国自慢♪49】

今週のお国自慢は、“とちぎ農業女子プロジェクト(びぃなす)”でも中心的な役割を担っていらっしゃる西岡智子さんから届きました。

それでは、さっそく西岡さんよろしくお願いします♪

★★★★★★★★★★
みなさん、こんにちは。
栃木県大田原市でお米農家を営んでおります、田んぼがある風景が大好きな西岡智子です。代々続く実家の米農家を継いで4年目になります。
田園風景の美しい、私の住む大田原市をおススメ形式で紹介します!

大田原市は、栃木県の北東に位置する人口約8万人の市です。松尾芭蕉(奥の細道)と縁の深い地であり、那須与一公のゆかりの街としても知られています。市の中央を鮎の漁獲量日本一の清流、那珂川が流れ、西側は那須野ヶ原、東側は八溝山系の里山 など自然豊かな地域です。

<おススメ① 美しい水の恵み>

大田原市は、「大俵」に由来し、その名の通り昔から米を始めとする農業が盛んな地域です。そして市内には、全国でも珍しい6つの酒蔵があります。その訳は、なんといっても水です!那須連山という自然のろ過装置で磨かれた、旨味たっぷりの雪解け水が豊かな水源となり、様々な自然の恵みを私たちに与えてくれています。おいしいお米や地酒、うどやねぎ、アスパラガス、和牛、鮎等々‥・大田原ブランドの美味しさにつながっています。
観光やなでは、那珂川の美しい清流に足を浸しながら、あゆの塩焼きやお釜で炊いたあゆ飯を食べることができます。最高に美味しいですよ!やなに上がってくるあゆを素手で掴めば、大人も童心に返って楽しめますよ。

<おススメ② 星空>

冬の夜、真っ暗な田んぼ道を歩いて夜空を見上げると‥・星が降り注ぐ光景を見ることが出来ます。それもそのはず、大田原市は環境省が行う「星空継続観察」において、過去4回も日本一となりました。
また、大田原には栃木県内で2番目に大きな65㎝の反射望遠鏡のあるふれあいの丘天文館があります。この秋には、ふれあいの丘にて、満天の星の下、癒しの音楽に酔いしれながら、夜空に吹かれる至福のひと時‥・そして魅力的な大田原の文化、グルメもまとめて楽しめる「星旅祭2016★inおおたわら」が開催されます。詳しくは、「星旅祭公式ホームページ」で!(http://hoshitabimatsuri.com/

14202739_1105071209582155_5823583712928292547_n14183806_1105071246248818_8489604862875281874_n

<おススメ③ 田園風景+α>

田んぼに吹く風、草のにおい、そこから見える景色、朝つゆで光る稲、太陽にきらめく麦の穂、満天の星空、用水路に足を入れた時の冷たさ、そこで息づく小さな生き物たち、そして移り行く四季の変化。田んぼには、おいしいお米ができるだけではなく、たくさんの魅力があります。そんな大田原の田園風景を満喫する+α、それは、自転車と美味しいコーヒーです。市内の自転車屋さんで自転車をレンタルして、のどかな田んぼ道を行けば、田んぼの中にぽつぽつと数軒ある、魅力的な店主のいるこだわりのコーヒー屋さんが見つかるはず。テイクアウトして田んぼの土手でコーヒーを飲めば‥・最高の時間が過ごせますよ。

14222304_1105071206248822_5546512882697028852_n14212645_1105071262915483_7640248613427960988_n14195480_1105071286248814_5848111798589624379_o

<おススメ④ 泊まる>

大田原には農家への宿泊を案内してくれる「大田原ツーリズム」があります。大田原を誰もが「ただいま」と言って戻ってくることのできるそんな心のふるさとにしよう、というのが大田原のグリーンツーリズムのコンセプトです。個性あふれる、大田原の農家民宿へお越しください。

いかがでしたか?まだまだ紹介したい魅力的なところがたくさんあるのですが‥・あとは実際に大田原へお越し頂いた時に。お待ちしています!
★★★★★★★★★★

お米や牛などでも名高い大田原市。その名の由来は「大俵」だったのですねぇ・・
しかも、星空☆日本一に4度も輝いているとは!? 事務局もぜひ一度泊まりがけで星空を見に訪れたいと思いました☆
西岡さん、どうもありがとうございました!

2

関連する記事

最新の記事

おすすめ記事RECOMMEND

アーカイブARCHIVE