農業女子PJ SDGsへの
取り組み

MENU

2016.10.05

農業女子のお国自慢♪第51回

by農業女子プロジェクト事務局

【農業女子のお国自慢♪第51回】
今回のお国自慢は、千葉県横芝光町より鈴木紗依子(さえこ)さんからご紹介いただきます。
鈴木さんは、農家である夫との結婚を機に就農をされ、今では、機械作業や農薬散布などもバリバリこなされています。
それでは、鈴木さんよろしくお願いします。
★★★
こんにちは。千葉県の横芝光町で農業をやっている鈴木紗依子です。県外から嫁いできてちょうど9年、私が住んでいる横芝光町の魅力を紹介します!

%ef%bc%88%e5%8d%83%e8%91%89%ef%bc%89%e9%88%b4%e6%9c%a8-%e7%b4%97%e4%be%9d%e5%ad%90%e3%81%95%e3%82%93
私は高校を卒業してから千葉県の学校に進学しました。都心から近いので不安に感じていましたが、来てみると実際は、農業大国!自然が豊か!昔からの伝統や地域の行事が残っている!などイメージと違いとても安心したのを覚えています。
私が住んでいる横芝光町は、農業が盛んであり、九十九里浜に面していて農産物、海産物がとても豊富です。立地条件もよく、成田国際空港から車で30分程のところにあり、都心にも近くアクセスが抜群です。
自慢したい農作物は、国の産地指定を受け、「ひかりねぎ」のブランド名で高く評価されている長ネギです。現在は町で夏ネギの栽培に力を入れています。

%e9%88%b4%e6%9c%a8%e3%81%95%e3%82%93%ef%bc%91


坂田城跡の梅畑も県下最大級の面積で、お花見だけではなく、梅もぎ体験なども行っています。

%e9%88%b4%e6%9c%a8%e3%81%95%e3%82%93%ef%bc%92
そして有名なのが、国の重要無形民族文化財に指定された、全国で唯一の古典的仏教劇である「鬼来迎(きらいごう)」です。地元では俗に「鬼まい」とよばれ、お寺で披露される行事として昔から親しまれてきました。「鬼来迎」を演じる前に、子どもの疳(かん)の虫をしずめるために鬼婆が子どもを抱いて「虫封じ」を行います。私の子どもも鬼婆に抱かれて大泣きでしたが、そのおかげか順調にすくすくと成長しています。

%e9%88%b4%e6%9c%a8%e3%81%95%e3%82%93%ef%bc%93
他にも町の無形民族文化財で、「中台梯子獅子(なかだいはしごじし)」があります。13.5mの大はしごの上で勇壮に獅子舞を行うお祭りです。このような伝統が地域の若い世代に受け継がれているというのが横芝光町の一番の自慢です。

%e9%88%b4%e6%9c%a8%e3%81%95%e3%82%93%ef%bc%94
若者が積極的に活動している町で、仲間と協力して様々な活動を行っている商工会や農業振興会なども魅力です。私自身も農業女性部のメンバーで、商品開発や食育事業などを行っており、今後も町を盛り上げていきます!
自然も食も伝統も!何でも揃っている横芝光町にぜひお越しください!
(※ネギ畑以外の写真は横芝光町HPから引用)


★★★
横芝光町HPのトップにも鬼さんと梅がいますね。
伝統が地域の若い世代に受け継がれ守られていくのは、素敵なことですね。
鈴木さんのお子様も体験された「鬼来迎」、皆様もお子様の健やかな成長を祈って鬼婆に抱かれに横芝光町へ足を運んでみてはいかがですか。
鈴木さん、横芝光町の魅力をご紹介いただきありがとうございました!

0

関連する記事

最新の記事

おすすめ記事RECOMMEND

アーカイブARCHIVE