農業女子PJ SDGsへの
取り組み

MENU

2017.01.11

農業女子のお国自慢♪第58回

by農業女子プロジェクト事務局

【農業女子「お国自慢」Vol.58

今週の「お国自慢」は、茨城県かすみがうら市の野口裕美さんから届きました。

それでは野口さん、よろしくお願いします♪

★★★★★★★★★

はじめまして!茨城県の霞ヶ浦湖畔でれんこん栽培を営んでいる株式会社野口農園の野口裕美です。

野口農園は「れんこん」を専門に生産している農業法人です。兄はいるものの,いろいろあって跡取り娘に(. . )。父は農協大好き人間なので,他に販売先を見つけようとはしませんが,私はお客様が見えるような売り方をしたかったので,地元野菜コーナーに卸したり,マルシェに参加したりしています。

農園のある、かすみがうら市内で取り組んでいるレストランや農業体験事業などのプロジェクトに参加しています。そこで,最近やる気になっている!!「かすみがうら市」の紹介です。

魅力度最下位の常連県として知られる茨城県(> <)。その南部にある霞ヶ浦の湖畔に,かすみがうら市は位置しています。平成の大合併でできた新しい市で,筑波山系の雪入山がある千代田地区と霞ヶ浦に面した霞ヶ浦地区とがくっついた“ひょうたん”のような形をしています。東京からは約70km,ほどほどに田舎でのんびりした風景が広がっています。

かすみがうら市の魅力はなんといっても夏の湖畔の景観です。(今は真冬ですが・・・ 笑)

%e9%87%8e%e5%8f%a3%e8%a3%95%e7%be%8e%e2%91%a0

高台から湖畔を見下ろすと,一面に緑のれんこん田が広がり,その奥には霞ヶ浦の湖面がキラキラと反射して,とても鮮やかで美しい景色が広がっています。そこから坂を下って行くと,れんこん田のなかに白や薄紅色の花をちらほら見かけることができます。生まれた時からここに住み毎年見ていますが,いつも感動する景色です。夏のかすみがうら市に,蓮の花見にぜひぜひ来て欲しいです!!たま?に,霞ヶ浦に“帆引き船”が浮かんでいるのを発見できます。見られたらいいことあるかも!?

%e9%87%8e%e5%8f%a3%e8%a3%95%e7%be%8e%e2%91%a4%e9%87%8e%e5%8f%a3%e8%a3%95%e7%be%8e%e2%91%a3

さて,花より団子!?の女性陣にはこちらの情報を。かすみがうら市はフルーツ狩りも盛んです。ブルーベリーやいちご,なしにぶどう,柿,栗の果樹園がたくさんあり,もぎたてのフルーツを楽しめます。野口農園でも作っているれんこんは・・・掘るのが大変ですので,直売所などでどうぞ。

 

まあ,たしかに茨城県が魅力度最下位なのもわかるくらい,かすみがうら市にはいわゆる観光地と呼ばれる場所がほぼないのですが,食べ物が美味しくて気候も温暖,のんびりしていて,とっても暮らしやすい地域です。もう少し暖かくなって,茨城県を訪ねる機会がありましたら,ぜひ夏の霞ヶ浦湖畔にお越しくださいませ(^ ^)vその際は、野口農園のれんこんを使っている「かすみキッチン」にもお立ち寄りくださいね。

伝えきれない「かすみがうら市」の魅力はこちらから↓↓

かすみがうら市観光協会 www.kasumigaura-kankou.jp

かすみがうら未来づくりカンパニー kasumigaura.miraidukuri.jp

%e9%87%8e%e5%8f%a3%e8%a3%95%e7%be%8e%e2%91%a1

★★★★★★★★★

 

野口さん、どうもありがとうございました!

事務局も一度お邪魔したことがありますが、長身の野口さんのれんこん収穫風景、とっても格好良かったんですよ(*^▽^*)

皆さんもかすみがうら市、ぜひ訪ねてみてください。

 

1

関連する記事

最新の記事

おすすめ記事RECOMMEND

アーカイブARCHIVE