農業女子PJ SDGsへの
取り組み

MENU

2017.02.08

農業女子のお国自慢♪第60回

by農業女子プロジェクト事務局

【農業女子のお国自慢♪第60回】

 

本日のお国自慢は愛知県のメンバー永井聡子さんよりご紹介頂きます。それでは永井さん、よろしくお願いします!

************************

皆様はじめまして。愛知県小牧市でぶどう栽培をしている永井ぶどう園の永井聡子と申します。

「ぶどう本来のおいしさを届けたい!」をモットーに安心・安全・おいしいぶどう栽培に励んでいます。加工品にもチャレンジし、昨年はジェラートを販売しました。今年はジャムも作り販売する予定です。“こんな事をやってみよう。こんな物を作ってみよう。”と考え、夢を形に変えていくことにワクワクしています。

%e6%b0%b8%e4%ba%95%e3%81%95%e3%82%93%ef%bc%93

さて、今回は私の住む愛知県小牧市についてご紹介します。

小牧市は愛知県の北西部、名古屋の北側に位置します。複数の高速道路が交わることから、陸上の要衡となっています。南部には県営名古屋空港もあります。ここから国産飛行機MRJの試験飛行も行われましたね。

そして小牧といえば、織田信長が築城した「小牧山城」でしょう!

(写真:小牧市HPより)

%e6%b0%b8%e4%ba%95%e3%81%95%e3%82%93%ef%bc%91

市の中部に位置する小牧山。戦国時代、ここに織田信長は城を築き天下統一の道をスタートさせたのです。小牧・長久手の戦いの舞台ともなり、平成25年には、築城450年を迎えました。

現在、小牧山各所で発掘調査が行われており、なんと日本最古の石垣で造った城である可能性がでてきたそうです!

そんな小牧山には現在、緑地や遊歩道があり、春には桜やツツジの花が咲き、市民の憩いの場となっています。

 

次に紹介するのは、小牧の特産品です。

小牧市東部は農業の盛んな地域で、桃やぶどうが特産品となっています。また、名古屋コーチン発祥の地でもあります。

せっかくなので、ぶどうについて紹介させていただきます。

ぶどう栽培は東部地区の開拓とともに始まり、米作に適さない水はけの良い土壌であったことから、栽培が発展しました。全国的にはまだまだ知名度の低い小牧のぶどうですが、その美味しさから「知る人ぞ知る、隠れた産地」となっています。もっと多くの方にその魅力を知ってもらいたいと、若手ぶどう農家が集まりジェラートを作りました。現在、それぞれの直売所や産直市場で販売しています。勢いのある若手ぶどう農家集団に期待が高まっています!

%e6%b0%b8%e4%ba%95%e3%81%95%e3%82%93%ef%bc%94

 

最後に紹介するのは、私の好きなレジャースポット「市民四季の森」です。

敷地面積27.8haと広大な敷地の中に「ソリスベリの丘」「パークゴルフ場」「ディスクゴルフ場」「ちびっこ動物村」「バーベキュー場」などがあります。私のお気に入りは「わんぱく冒険広場」です。ブランコ、砂場、ローラー滑り台など子供たちの大好きな遊具が集まっています。ほとんどの施設が無料で利用できることから、休日は多くの家族で賑わい、大人も子供も一日楽しめる公園です。

%e6%b0%b8%e4%ba%95%e3%81%95%e3%82%93%ef%bc%92

小牧にはお城や神社、子供が遊べるスポットなど観光スポットが散在しています。名古屋観光のついでに是非足を延ばしてみてくださいね。

 

********************************

永井さん、ありがとうございました!小牧市のシンボルでもある小牧山城、発掘調査で日本最古の石垣城であるかもしれないなんて、とてもロマンがありますね!今や是非みなさまも足を運んでみてはいかがでしょうか。

0

関連する記事

最新の記事

おすすめ記事RECOMMEND

アーカイブARCHIVE