農業女子PJ

MENU

2016.10.03

農業女子的こだわりアイテム

by星野 純子

私の働く「個人農家ほしの」女性陣で実践中!手肌の日よけ荒れ対策を紹介します!

 

収穫際に気をつけないといけないのが、野菜が虫などから身を守るため持つアクやトゲ。

たとえば、オクラや里芋は氷の結晶の様なトゲあり。

007

軍手だとそのトゲが中まで通過するので、掃除用のゴム手袋着用!

1

ただし綿素材の様に通気性ない為、蒸れて荒れないように、冬も中に薄~い綿手袋 IN!

2

アク強い野菜じゃない時や乾いた作業の時はこの手袋。

軍手より丈夫でフィット、作業しやすいのです。

3

水や泥付き作業で、かつ手の感覚が必要な時は薄手ビニール。

4

梱包作業や運搬には滑り止めついた厚手の軍手。

5

唯一、小さい種をまく時だけは、手袋はずさないと感覚分からず。

それでも手首や甲の日焼けはガード。必殺!手袋の指先カット!

 

6

 

作業内容によっては右手ゴム手袋、左手は薄手ビニールなんて時も。

img_0015

うっかり痒くなった時、目に見えない野菜のトゲが刺さっているかも。

石鹸では抜けなくて、塩でこするのおすすめ。農園の手洗い場には塩が常備してあります。

7

作業内容に合わせて手袋を小まめにチェンジ!

太陽ギラギラの九州だけど、みんな農業しているとは思えない素肌。先輩農業者の女性方がみんな肌が白くお綺麗なのは、焼かない荒れないようにという女性らしい気持ちのおかげ。

仕事もしっかり!女性らしさもしっかり!年を重ねてもずっとそんな農業女子でありたいです。

img_0029

 

4

関連する記事

最新の記事

おすすめ記事RECOMMEND

アーカイブARCHIVE