農業女子PJ

MENU

2016.11.30

農業女子的冬の風景2016「クリスマスバージョン!」

by星野 純子

福岡県 農業女子メンバーの星野純子です。

私の農園はキャベツとほうれん草メイン。その2大柱をさしおいて!ある野菜がいま圃場の主役。今日は福岡県筑後平野から、素敵な農業版クリスマス風景お届けします!

011-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

秋に植えたサニーレタスとグリーンリーフ。

2-19

キャベツやほうれん草の新芽や苗と違うのは、小さな頃からこんな風にサニーだ!って分かること。

img_0022

以前、見学に来た飲食店の方、わ~!もうサニーやグリーンだ~!と大はしゃぎ。

毎日見ている私達農業人には、そのはしゃぎっぷりは分からなかったけど、素人さんが見たら姿がとってもかわいいんだとか。

img_0028

やがて、根がつがり小学生くらいに成長したら、もうクリスマスカラー。サニーとグリーンを交互に植えるのは、収穫時の作業効率アップさせる為。同じ作物つくられている方なら訳が分かるかな?

たまたま収穫都合で交互に植えたことが、こういして素敵な冬の風景へ。

 

025

11月ともなればいよいよ収穫!福岡青果市場とスーパーへ。

こちらは私の愛する夫。何やらサニーと対談中。野菜の声が聞こえるんだとか。そっとしといてやってください…。

003

包丁持って通路うろうろする姿は、まるで子供をおびやかす鬼のよう。

002-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

ビニールのトンネルめくると、この通り。レンズが一気に曇る。野菜が呼吸をしています。

012-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

市場とスーパーに続いて博多の飲食店へも納品中。

こちらは私のお仕事。田圃で収穫したら即袋詰め。てんとう虫が入っていたらごめんなさい!

11-25

みなさまご存じ星乃珈琲店や洋麺屋五右衛門さん。その経営会社、日本レストランベジ(株)さんへも昨年から納めています。とってもみずみずしいと評判になり、関西の店舗さんもご利用中。生産に追われる毎日で営業なんてする暇なし。博多の飲食店ネットワークで取引店が増えていきました。博多の人は熱いのです!と言う私は実は本州出身。博多弁と島根県出雲弁を器用に使い回す農業女子。

%ef%be%8d%ef%be%9e%ef%bd%bc%ef%be%9e%e4%bd%8f%e6%89%80%e5%85%a5

サニーはサラダ。グリーンは肉巻きや卵スープに。農園で働く若手男性陣は緑が大好き。今日もお昼のまかないパクパクガッツリ食べることでしょう…。

015

0

関連する記事

最新の記事

おすすめ記事RECOMMEND

アーカイブARCHIVE