農業女子PJ SDGsへの
取り組み

MENU

2014.07.15

農業女子的紫外線対策 その2:日焼け止めコスメは、調べ尽くしました!

by農業女子プロジェクト事務局

baloon1

・朝しっかり洗顔→潤いを与え日焼け止め→お昼にも洗顔、日焼け止め塗り直し、とこまめに頑張っています。
(群馬県 松本知恵さん)

・日焼け止めは、顔だけでなく首の前後ろ、耳の裏なども忘れずに。
髪の紫外線予防専用スプレーも必須!
(茨城県 伏見友季さん)

・日焼け止めを塗っても汗で流れてしまうので、日焼け後のケアを重視!
化粧水を冷やしておいて、火照った肌に洗顔後につけます。
(秋田県 佐藤愛生さん)

・物理的に隠しているのですが、暑い時期は苦しいので帽子だけに!
水分油分を補給して、焼けにくく焼けてもターンオーバーしやすい肌を保つように努力。
(群馬県 高橋奈々子さん)

・手の甲は手袋の編み目から日差しで焼けるので、ここにも日焼け止めを!
(愛知県 住珠紀さん)

===============================
【KOSE 橋本さんのコラム】

photo1

紫外線対策について、農業女子プロジェクトに参画していただいている(株)KOSE宣伝部の橋本美佳さんにお話をうかがいました!

Q1:紫外線って肌にどのような影響があるのでしょうか?

A:日やけやしみ・ソバカスの原因としてはもちろんですが、それだけではありません。紫外線は、乾燥、肌荒れ、くすみ、キメの乱れ、ゴワツキなどの肌トラブルや、皮膚がんの原因につながることがわかってきています。

POINT:基本の知識はこちらを参考に!1年中のケアが大切なんです。
http://www.kose.co.jp/jp/ja/kirei/uv-care/

 

Q2:頼りにしている日やけ止め。実はその仕組みを知りません。どうやって紫外線から守ってくれているのでしょうか?

A:地表に届き、私たちが浴びてしまう紫外線はUVAとUVBの2種類で、波長が異なり、肌への影響も異なります。そこで、UVA、UVBの両方から肌を守るのが日やけ止め料です。

POINT:最近の進化する日やけ止めについては、こちらを参考に!
http://www.kose.co.jp/jp/ja/kirei/therapy/step29/

 

Q3:日やけ止め、塗りたくっているだけなのですが、使い方のポイントってあるのでしょうか?

A:日やけ止めは、毎日忘れずに使用することが何よりも大切です。タイプの選び方、塗り方がポイントです。せっかく塗ったのにやけてしまうことのないように、日やけ止めは効果的に使いましょう。

POINT:特に、夏の使い方ポイントはこちらを参考に!
http://www.kose.co.jp/jp/ja/kirei/bihadagoyomi/no43/04.html

紫外線は、肌以外に髪にもダメージを与えてしまします。特に紫外線が強い夏はヘアケアも十分にしてください。ヘアケアの基本は頭皮ケア。毛髪の健やかな成長を促すためにしっかり頭皮をもみほぐし、潤いを与えて下さいね。これは作物を植える土壌が大切ということと同じですね!

最近では、「スカルプエッセンス」なども人気です。
また、洗う時の泡がもっちり濃密なシャンプーを選ぶと、キューティクルがささくれることなく、いたわるように洗えます。

★KOSEのスカルプエッセンス
http://www.skny.jp/product/pub/collection/ob04.html

★お薦めのもっちり濃密シャンプー。農業女子メンバーにモニターしていただいた中でも一番人気の「プレディア」ハンドセラムと同じラインナップです。
http://www.predia.net/predia/haircare/thalasso_repair_shampoo.html

2

関連する記事

最新の記事

おすすめ記事RECOMMEND

アーカイブARCHIVE