農業女子PJ

MENU

2017.05.10

作業場の裏話

by星野 純子

福岡県の星野純子です。

前回ご紹介した、新作業場の建設の裏話をご紹介します。

元々ハウスが建っていた場所に新しい作業場を建設するべく、昨年夏から自分達で解体片付けしていきました。

%e4%bc%91%e6%86%a9%e6%89%80%e5%bb%ba%e8%a8%ad%ef%bc%91 %e4%bc%91%e6%86%a9%e6%89%80%e5%bb%ba%e8%a8%ad%ef%bc%93 %e4%bc%91%e6%86%a9%e6%89%80%e5%bb%ba%e8%a8%ad%ef%bc%92

日々の野菜の管理や出荷作業をしながらで、時間はいくらあっても足らず。農業をしに来たはずのスタッフは、それでも文句一つ言うことなく黙々と 一緒に頑張ってくれました。

%e4%bc%91%e6%86%a9%e6%89%80%e5%bb%ba%e8%a8%ad%ef%bc%94 %e4%bc%91%e6%86%a9%e6%89%80%e5%bb%ba%e8%a8%ad%ef%bc%95

近所の人も心配して見に来たり見物人多数。

私も夫も、やってもやっても終わらぬ片付けと暑さでぐったりの毎日。

何度も心が折れそうに。

それでも、大変なのは自分達だけじゃない。大工さん達も暑いなか毎日通ってくれている。スタッフの為、農園や次世代の為。気持ちを強く持ち続けました。

%e4%bc%91%e6%86%a9%e6%89%80%e5%bb%ba%e8%a8%ad%ef%bc%96

そして片付けが終わり平地にすると、そこからはあっという間。?

%e4%bd%9c%e6%a5%ad%e5%a0%b4%e5%a4%96%e8%a6%b3

ところで作業場が出来る前はどこで作業していたかというと、この建設地の前に立つ小さなプレハブでしておりました。パートさん達ギュウギュウ!

%e6%97%a7%e4%bd%9c%e6%a5%ad%e5%a0%b4

作業場建設が始まると、今度はこのプレハブに着手。ボロボロになった畳をはぐり、掃除の開始です!

ここを休憩室に変身させるべく!農作業をスタッフに任せて裏方作業。

私がせっせと掃除して、夫が設計改装。

%e4%bc%91%e6%86%a9%e5%ae%a4%e3%81%ab%e3%81%99%e3%82%8b%e7%82%ba%e3%81%ab %e4%bc%91%e6%86%a9%e6%89%80%e5%bb%ba%e8%a8%ad%ef%bc%99

お金をかけずにリフォーム!

普段スタッフから社長社長と呼ばれている夫ですが、世界一よく働く世界一何でもする社長かも。

そして!なんということでしょう!生まれ変わりました!

%e4%bc%91%e6%86%a9%e5%ae%a4%e3%82%a2%e3%82%a6%e3%82%bf%e3%83%bc

半分土足、半分靴脱いで上がる休憩室。

みんなの農業知識がさらに広がるように農業雑誌を購読開始。?

?%e4%bc%91%e6%86%a9%e5%ae%a4%e5%8b%89%e5%bc%b7%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%bc

1日仕事が終えた正社員スタッフはここで“作業日誌”の記入時間。

「最低1行は書いてね」と言ったのとは裏腹に、半年経った今でもびっしり。

%e4%bc%91%e6%86%a9%e6%89%80%e5%bb%ba%e8%a8%ad%ef%bc%91%ef%bc%90

野菜のこと、作業工程のこと、天気や生長に悩んだり。新しい発見があったり。自然、野菜、農業が本当に好きなのだな~と思います。

農家に嫁いで仕事をする中で、昔ながらの農家の良さを残しつつ、もっと効率上がるよう環境整えたい、気持ちよく作業出来るようにしたい、ずっとそう思っていました。

そして従業員を雇うようになり、私はもちろん野菜や自然、農業が好きな皆が、気持ちよく過ごして欲しいと思うように。スタッフの要望も入れて小さな事から改善していきました。

今までもこれからもずっとその想いで福利厚生を継続中。農園はまだまだ変わります!

0

関連する記事

最新の記事