農業女子PJ

MENU

2016.09.29

農業女子 presents 私のイチオシ農業男子!第17回

by農業女子プロジェクト事務局

【農業女子 presents 私のイチオシ農業男子!第17回】
今回のイチオシ農業男子は、山梨県甲州市勝沼町の三森かおりさんからご紹介いただきます!!!
どうぞよろしくお願いします。

☆☆☆
山梨県の農業女子プロジェクトメンバーの三森かおりです。
うちのイチオシ農業男子を紹介します。
我が家の息子、三森 基史、日川高校ラグビー部卒、東京農大農学部卒の現在25歳です!

%e4%b8%89%e6%a3%ae%e3%81%95%e3%82%93%ef%bc%93
国際農業者交流協会を通じた1年半のアメリカでの農業研修を経て、昨年10月から(有)ぶどうばたけの新入社員になりました。現在、生産と販売を担当しており、売店では接客を勉強中です。
敷地内にある菱山中央醸造の後継者として、ぶどう酒造りを学んでいる他、地域の消防や若手農業者の勉強会にも参加し、日々地域の先輩方、お客様、スタッフに教えられ頑張って取り組んでおります。
生まれる前、お腹が小さく死んでいるかも?と言われ、小学校低学年までは、毎月病院にかかっていました。小学校1年生からスポーツに取り組みました。小さい頃はおとなしく、わがままを言わず、仲間を大切にしている息子でした。「挨拶をしっかりできる子に育ってほしい」という親の思いと、祖父母や地域の方々、さらにはスポーツの指導者など本当に多くの方々に接していただいたことで健全に育つことができました。地域の先輩たちの多くが東京農業大学を卒業していたことから大学を目指しました。現在、日中は農業、夜は会議などに励み、心身ともにたくましく育ってくれたと思います。

%e4%b8%89%e6%a3%ae%e3%81%95%e3%82%93%ef%bc%94
一人息子で、幼い頃から農業をしたいと言った時には義父がとても喜びました。親としては、農業は一つ選択肢であり、親が農業の魅力を伝えられたら、きっと子供は継いでくれると考え、「決して継がねばならないということだけはやめよう」との思いで育ててきました。会社化した大きな理由の1つは、息子が継がなくても後継者を育てられるようにとの考えからでした。
これからは、地域の若手後継者として、ぶどうを中心に地域を活性化し、農業をもっともっと魅力的で収益の上がる職業にするとともに、農業の魅力を伝えられるような人材になってほしいと思います。
一人っ子ですが、知り合う方々に愛され、支えて頂けるような人物になってほしいと切に願います。これからに期待してください。現在、お嫁さん募集中?

[息子、基史さんからのメッセージ?]
健康に気を付けて頑張って下さい。

%e4%b8%89%e6%a3%ae%e3%81%95%e3%82%93%ef%bc%92

*有限会社ぶどうばたけ*
・ホームページ http://budoubatake.net/
・Facabook  https://www.facebook.com/budoubatake.anego/?fref=nf
☆☆☆

三森さん、基史さん、ありがとうございました!
法人協会理事としても活躍されている三森さん、いつもカッコイイ農業経営者としての姿を拝見させていただいておりましたが、今回はお母さんとして一人息子さんへの愛情をとっても感じられるご紹介でした。
とってもシャイな基史さん、一言の中にお母様への想いがつまっていますね!
これからもご家族、従業員さんと頑張って下さいね。

0

関連する記事

最新の記事