農業女子PJ

MENU

2017.11.09

【農業女子presents私のイチオシ農業男子!第35回】

by農業女子プロジェクト事務局

今回の『農業女子presents 私のイチオシ農業男子』は、大阪府柏原市の谷口由香さんから、夫の昌平さんのご紹介です!

こつこつ努力を続ける谷口ぶどう農園の3代目の姿をぜひご覧ください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

はじめまして、こんにちは。大阪府柏原市の谷口由香です。

谷口ぶどう農園にて、家族でぶどうの生産・出荷・直売をしています。

%ef%bc%91

大阪府のまんなかあたり、奈良との県境にある柏原市の山間部はぶどう畑がいっぱいです。

日あたりがよく水はけのよい地で育った「柏原ぶどう」は糖度が高いと人気です。

%ef%bc%92

当園では主にデラウェアの生産・出荷しています。

デラウエアの出荷が落ちつく頃には大粒ぶどうが熟しはじめ、直売もしています。

 

今回ご紹介させていただくイチオシ農業男子は、谷口ぶどう農園3代目で夫の谷口昌平(28)です。

%ef%bc%93

大学を卒業し企業に就職すると誰もが思っていた中、突然「ぶどうやる」と就農し6年が経ちました。

今では大粒ぶどうの管理をすべて担っています。

%ef%bc%94

人見知りで多くを語らない3代目ですが、どうしたらぶどうは美味しくなるのか、どうしたらお客さんは喜んでくれるのかを常に考え、年々畑やお店の中の何かがそっとバージョンアップされています。

%ef%bc%95

それを繰り返して現在約20品種、ほぼ半数が皮ごと食べられる品種で、すべてが種なしのぶどうになりました。お店のレイアウトもガラッと変わり、新規のお客さまも増えてきています。

 

2代目は古き良きものを大事にするので、3代目がそこに新しき良きものを取り入れて、良好なバランスになっているんだと思います。

%ef%bc%97

そんな3代目は車旅が好きで、去年は本州最北端まで行き、今年は本州最西端まで行きました。

道中SNSで交流のあるぶどう農家さんにもお邪魔しました。

%ef%bc%96

地域によって栽培環境や方法がかわるので、どこのぶどう農家さんのお話もおもしろく、人見知りのはずが初対面にも関わらずお話がはずんでいました。

 

そんな3代目に農業はどうですか?と聞いてみたところ、

「楽しい」

と一言だけいただけました。

8

これからも美味しいぶどうを楽しく作れるように家族みんなで頑張ります。

 

以上、

谷口ぶどう農園の唯一のイチオシ男子でした。

ありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

谷口由香さん、ありがとうございました!

2代目と3代目の良い関係のもとで、農園がよりステキな変化を続けているのですね。

これからの谷口ブドウ農園に期待大です!!

8

関連する記事

最新の記事