農業女子PJ SDGsへの
取り組み

MENU

2016.10.20

未来の農業女子、“はぐくみ”ます! ~農業女子PJ×教育機関  「チーム“はぐくみ”」スタート!~

by農業女子プロジェクト事務局

まもなく4年目に突入する農業女子プロジェクト、新たな取り組みにチャレンジします!

「若い女性の職業選択肢に『農業』を加える」ことは、PJの重要なミッションのひとつ。

また、これまでPJを知っていただいた学校関係者や、いわば未来の農業女子の“タマゴ”でもある女子学生の皆様から、「農業女子PJと何かコラボしてみたい!」といったお声もいただいておりました。

そこで、農業女子メンバー×学校・学生×事務局のチームを結成し、高校・大学等の教育機関によるプログラムと、活躍する農業女子の魅力を結びつけ、農業を志す学生の発掘や動機づけ、意識の向上のための取組を行うこととしました!その名も「チーム“はぐくみ”」!

まずは大学・高校それぞれ1校ずつとのコラボにより、以下のような取組を実施していくこととしていますので、本日はちょっとだけご紹介します♪

☆「新たなワークスタイルを提案するkawaii農業女子育成プロジェクト」

by 東京農業大学(東京都世田谷区、神奈川県厚木市、北海道網走市)

同大学で学ぶ女子学生=未来の農業女子候補という人的資源と、6次産業化を体系的に学ぶことが出来るという研究・教育基盤を最大限に活用し、(1)高校とのネットワーク(高大連携)を活用した未来の農業女子育成、(2)未来の農業女子候補と企業の連携による“kawaii(かわいい)農業“の発信、(3)未来の農業女子候補と農業女子メンバーの交流を実施。

☆「農業からはばたけ!チャレンジ&応援プロジェクト」
by 蒲田女子高等学校(東京都大田区)

生徒へのキャリア教育の一環として、2014年から「農業プロジェクト」に取り組んでおり、農業女子メンバーによる「職業としての農業」の講演や、千葉県館山市との連携による田植え~稲刈りの体験、収穫した米の商品名やロゴマークの作成などを生徒主体で実施。2年目からは地元自治体や商店街とも連携し、米粉への加工や販売など6次産業化へもチャレンジ。

2015年にはこの「農業プロジェクト」の取組により、文部科学省主催の「第8回キャリア教育優良教育委員会、学校及びPTA団体等表彰」において、文部科学大臣表彰を受賞。また、農業プロジェクトを履修した生徒から、卒業生2名が就農に向け研修中。

「チーム“はぐくみ”」の取組は、PJの4年目となる11月以降から正式にスタートする予定で、今後このページでも具体的取組などを紹介していきたいと思いますのでどうぞご期待下さい!

加えて、この取組にご賛同いただける学校や学生の皆様とのコラボを、今後さらに広げていきたいと考えています。未来の農業女子を“はぐくみ”たい学校関係者の皆様!未来の農業女子を目指してみたい女子学生の皆さん!農業女子メンバーと様々な形でコラボしてみませんか?

詳しくは事務局( https://nougyoujoshi.maff.go.jp/contact/ )までお問い合わせください!お待ちしています!

%e6%9d%b1%e8%be%b2%e5%a4%a7%e2%91%a0

東京農業大学の高野学長(右)と事務局佐藤リーダー

%e8%92%b2%e7%94%b0%e5%a5%b3%e5%ad%90

蒲田女子高校の簡野校長(左から3人目)及び副校長、担当教諭の皆様と事務局久保サブリーダーほか

 

東京農業大学のプレスリリース(学校法人東京農業大学ホームページ)

http://www.nodai.ac.jp/hojin/upload/9b90a5e87365a0855cf2ac0eb43574f2.pdf

蒲田女子高校ホームページ

http://www.kanno.ac.jp/kamatajyoshi/index.php

0

関連する記事

最新の記事