農業女子PJ SDGsへの
取り組み

MENU

2019.05.10

山形大学学長定例記者会見において “はぐくみ” への参加を発表!

by東北農政局

 

平成31年3月に国立大学として初めて、また東北として初めて、農業女子プロジェクト チームはぐくみに参加した山形大学は、5月9日(木)に行われた学長定例記者会見において、農業女子プロジェクト チームはぐくみへの参加を発表しました。

dsc_4917

 

定例記者会見には、農業女子プロジェクトメンバーの我妻飛鳥さん(米沢市)と井上夏さん(鶴岡市)が同席し、山形大学農学部の小沢教授と共に、農業女子プロジェクトやチームはぐくみについて説明しました。(会場には、長沼由紀さん(上山市)も応援に駆け付けてくださいました!)

dsc_4931

 

会見には11社の報道機関が集まり、記者からは、彼女たちが就農したきっかけや、学生とどのような連携をしていきたいかなどの質問がありました。それに対し彼女たちは、まずは農業への関心を深めてもらうことから始めて、ゆくゆくは農業を職業の選択肢に考えてもらえたらうれしいし、自分たちも若い学生の意見に耳を傾けていきたいと語りました。

%ef%bc%91

 

そんな彼女たちは、農業女子プロジェクトの参画企業である(株)モンベルが本プロジェクトで開発した水色のフィールドカバーオール(つなぎ)で会見に臨み、素敵な笑顔と一緒に農業女子スタイルを深く印象付けました。

令和元年という新しい時代が幕明けしました。これから山形大学と農業女子プロジェクトメンバーが連携し、未来の農業女子を育成する取組を進めていきたいと思います。

%ef%bc%92

8

関連する記事

最新の記事