農業女子PJ SDGsへの
取り組み

MENU

2017.11.17

産官学連携事業~東京農業大学×阿見町×ISEKI~ そばの収穫作業を行いました!

by井関農機株式会社

農業女子プロジェクト参画企業の井関農機(株)です。

 

東京農大、阿見町、井関農機・ヰセキ関東は、農業女子プロジェクトでの全国初となる産官学連携事業に取り組んでおります。

 

11月10日に茨城県阿見町にて、東京農業大学生の女子学生7名と地元の茨城県立江戸崎総合高等学校の女子学生1名が参加し、8月末に播種作業をしたそばの収穫作業、そばを活用した商品開発のアイディアソンを実施しました!

 

井関農機・ヰセキ関東は、次世代の担い手になりうる学生の皆さんに農業や農業機械への関心を高めてもらおうこと目的としており、今回はそばの収穫をサポートしました!

 

最初に、農家の方から手刈りのコツをご紹介いただき、鎌での手刈り収穫作業を体験!

その後、稲敷地域農業改良普及センターのご担当者様より、茨城県における「常陸秋そば」などの生産振興についてお話がありました。

dscf4878  7

農機での収穫作業として、汎用コンバインHC403のご紹介や実際の機械での収穫作業を見ていただきました。

台風等の影響により、残念ながらそばの収量が少なかったですが、学生の皆さんからは「初めてそばを手刈りしたが大変だった!」「手刈りとコンバインでの作業速度の違いに驚いた!」などの感想がありました。

9  4

午後からは、阿見町の新しい特産となるような商品企画のアイディアソンにて、活発な意見交換が行われました。

 

 

井関の農業女子プロジェクトに関する取組みは、下記URLよりご覧ください!

http://www.iseki.co.jp/noujo/

4

関連する記事

最新の記事