農業女子PJ SDGsへの
取り組み

MENU

2019.08.05

『あきたアグリヴィーナスネットワーク 』 はじめました

by農業女子プロジェクト事務局

今回は、秋田県で新たに誕生した「あきたアグリヴィーナスネットワーク」(事務局 秋田県庁)について、メンバーの林崎栄美さんからご紹介いただきます!それでは、林崎さん、よろしくお願いします。

****************

こんにちは。秋田県仙北市角館の林崎栄美です。

秋田県では、「あきたアグリヴィーナスネットワーク」が7月23日に設立されました。このネットワークは、秋田県内で農産加工に取り組む女性農業者が情報交換や交流するための組織です。商品開発した加工品の販路拡大に取り組み、自分の経営発展や地域の活性化を目指します。1rogo

私も受講した「あきた女性農業者“起業ビジネス塾”」(H28年度~)の卒業生を中心に24名の会員でスタートしました。

01yousu

設立総会では、出席した会員が自己紹介とともに開発した商品をPRし、今後の抱負を発表しました。

02_pr1syouhin2

ネットワークの活動を広く知っていただくために、ロゴマークも作成しました。

「あきた」と「アグリ」のA、「ヴィーナス」のV、「ネットワークiti」のNを組み合わせたデザインです。rogomark

 

ロゴマークに表現されているような、明るく元気の良い活動を展開していきたいと思います。

また、幅広い業種の企業に応援団になっていただき、次のような活動によってサポートいただけることになっています。

・消費者ニーズやマーケティングに関する情報の提供

・商品開発過程における受託製造

・会員が作った商品の販売、販売コーナーの設置、マルシェ出店など販売機会の提供

・いろいろな媒体を活用した情報発信  など

03_syuugou-1024x76804noujyo_akita

設立総会の終了後の講演会では、フリーパーソナリティーとして活躍されている桜庭みさおさんから「農業女子始めました~私達の商品開発~4年目で見えた事~」と題して、桜庭さん自身の農業体験や商品開発の経験について、お話をいただきました。

kouen

今後は、秋田県内で開催されるマルシェに参加するほか、経営スキルの向上や販売チャネルの選択など販路拡大スキルについて研修したり、応援団に活動内容や今後の計画をプレゼンする活動報告会を行う予定です。

会員同士で刺激を与え合い、協力しながら、それぞれの夢や事業の実現に向けて活動していきたいと思っています。

**********************

林崎さん、ありがとうございました! 今後の活動、楽しみにしています!!

 

 

11

関連する記事

最新の記事

おすすめ記事RECOMMEND

アーカイブARCHIVE